RAAK本店

京町家で選ぶチャーミングな手ぬぐい 

―文:木村桂子

 

 

地下鉄烏丸御池駅からほど近くの、ノルタルジックな町家作りの手ぬぐい店、それがRAAK本店です。藍色ののれんに白文字で「RAAK」。町家ならではの木の質感が、なんともシックで味わい深い佇まいです。

日本最古の綿布商として京都にて十四代、400年以上もの歴史がある「永楽屋」の当主が立ち上げた新ブランド「RAAK」を展開する同店。“京都(=洛)から発信”との意味が込められ、ガーゼ手ぬぐいや和小物などをラインナップ。色鮮やかでチャーミングな柄を多数取り揃え、幅広い年齢層から支持されています。中でも、てんとう虫やパンダ、ハリネズミなどの生き物モチーフは、飾っておきたくなる可愛らしさ! 見ているだけで心踊ります。

そんな手ぬぐいは、“手をふく”以外にもたくさんの使い方があるってご存知ですか? たとえば、ワインやお酒などをギフトとして贈る際、手ぬぐいに包んでみてはいかがでしょう。繊細な模様の手ぬぐいが、特別な贈り物を素敵に演出してくれます。また、ボックスティッシュを手ぬぐいで包めば、味気ない箱もたちまち和モダンに早変わり!

職人が一つひとつ丁寧に作り上げた、色鮮やかな手ぬぐいが揃うRAAK本店。すっと心が落ち着く日本らしい店舗の中で、お気に入りの1枚を選び出すひと時はとても豊かです。

日本、そして京都の人々の生活に根ざした手ぬぐい使い、始めてみませんか?

 

RAAK本店

住所:京都市中京区室町通姉小路下ル役行者町358(地図

電話:075-222-8870

時間:11:00〜19:00

WEBサイト:http://www.eirakuya.jp/

★TRAVEL IDEA「京都に行ったらやりたいこと10 ~町家のお店に行く」、次にご紹介するSPOTは「紫織庵」です。

★京都に行ったらやりたいこと10
①寺社仏閣をめぐる
②お土産を買う
③嵐山・嵯峨野をめぐる
④京料理をいただく
⑤きものを着る
⑥お茶をいただく
⑦海の幸をいただく
⑧町家のお店に行く
⑨伝統文化に触れる
⑩自然を感じる

LINEで送る