伏見稲荷大社

千本鳥居で幽玄な雰囲気に包まれて

 

―文:中村慶子

写真提供:山崎晃治

 

およそ1300年前の奈良時代に創祀。古来は五穀豊穣、中世以降は商売繁盛としても篤く信仰されてきた、全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮です。初詣の参拝者は全国トップクラス。近年は外国人観光客が選ぶ日本の観光地ランキングでも3年連続1位に輝くほど、国内外から人気を集めています。

一番の見どころは、有名な「千本鳥居」。願い事が「通るように」祈願が「通った」祈願とお礼に鳥居を奉納する信仰は江戸時代から始まり、全国の信者から奉納された数が、今やお山全体では千本ならぬ1万本に上ります。魔力に対抗する色とされる朱塗りの鳥居が連なる姿は圧巻。人出が少ない早朝に訪れれば、より神秘的な雰囲気を味わえるでしょう。この千本鳥居を通った先に続くのが「お山」巡り。稲荷大神の降臨地である稲荷山(標高233㍍)を巡るルートです。眼やのど、病気治癒などさまざまなご利益のあるお社を約2時間で巡拝でき、見晴らしの良い「四ツ辻」では京都市街が一望できます。時間が許せば、歩きやすい靴と服装でぜひ足を延ばしてみてください。

ほかにも豊臣秀吉が寄進した楼門は神社としては最大級のスケールで、安土桃山時代の気風ある彫刻が施された本殿も見ごたえ十分。境内では、稲荷大神のお使いとされるキツネの像も随所に現れて楽しめます。油揚げがのったきつねうどん、三角形をした甘辛のいなり寿司やスズメの焼き鳥など、ここならではの門前名物もお薦めです。

 

伏見稲荷大社

住所:京都市伏見区深草薮之内町68(地図

TEL:075-641-7331

時間:終日参拝可能(但、授与所7:00~18:00)

料金:境内自由

WEBサイト:http://inari.jp/

★TRAVEL IDEA「京都に行ったらやりたいこと10 ~寺社仏閣をめぐる」、次にご紹介するSPOTは「天龍寺」です。

★京都に行ったらやりたいこと10
①寺社仏閣をめぐる
②お土産を買う
③嵐山・嵯峨野をめぐる
④京料理をいただく
⑤きものを着る
⑥お茶をいただく
⑦海の幸をいただく
⑧町家のお店に行く
⑨伝統文化に触れる
⑩自然を感じる

LINEで送る