京都府立 陶板名画の庭

安藤忠雄建築の中で堪能する、表情豊かな水と巨大な陶板

―文:木村桂子、写真:岡タカシ

雰囲気のある、おしゃれなお店が数多く並ぶ北山エリア。その中心部、北山通り沿いに「陶板名画の庭」はあります。世界的建築家・安藤忠雄氏による堂々たるモダニズム建築とともに、「最後の晩餐」や「最後の審判」など陶板で仕立てられた世界の名画8点が、心ゆくまで堪能できます。

「陶板名画の庭」は、1994年に開園。レオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の審判」やモネ作「睡蓮・朝」など4点が「1990年国際花と緑の博覧会」に出品されたことをきっかけに、随時この陶板を展示しておける場所を、との想いから安藤忠雄氏に建築を依頼。コンクリート造りの中に滝をあしらった建物内を回遊しながら、この庭のために新たに制作された4点を加えた、計8点の陶板をじっくりと鑑賞できます。

入ってまず驚くのが、水の中に沈められた「睡蓮・朝」。ほぼ原寸大である200×1,275cmの大きな陶板、そこに描かれた華麗な睡蓮の花が水の中をたゆたう様子には、なんともいえない風情が感じられます。

日本最古の漫画といわれる「鳥獣人物戯画」を見ながら歩みを進めていくと、ざぁっという滝の音が強まり、ミケランジェロ作「最後の審判」が姿を現しました。1,430×1,309cmという巨大な陶板は、ほぼ原寸大。左右には滝が流れ、絶え間ない水の音が鳴るその空間は「最後の審判」を厳かに演出します。

コンクリート造りの無機質かつ直線的なデザインの中にあって、感情を揺さぶる巨大な陶板、そして水の流れる有機的な音が引き立つ構造。手を伸ばせば滝に触れられるほど水に近い通りを経て、そのまま歩みを進めると、「最後の晩餐」にたどり着きます。

「最後の晩餐」の展示スペースは、この建物の中で唯一ともいえる静かな場所。水辺はあるものの流動的ではなく、それまでのざぁっという滝の威勢の良さとは一線を画す、神聖な雰囲気です。それぞれの陶板を、それぞれに合った展示方法で見せたいという意図の基建築されたこの建物。安藤氏の「最後の晩餐」に対する想いが、しっかりと感じられます。

B2Fまで降りると、迫力のある「最後の審判」が下から見上げられるのも、また圧倒的。この場所は滝の水しぶきとともに風がほどよく吹き抜け、夏でも案外涼しく過ごせるそう。

「日の光が陶板画にキレイに差す15時迄に観ていただくのが、いちばんおすすめですね」と同庭を管理するスタッフさん。そのほか、イベントなどで夜間に開園した際にはライトアップされることもあり、また違った楽しみ方ができるそうです。

魅力的な陶板と建築が入園料100円で鑑賞できるとあって、地元学生のデートスポットとしてや、海外観光客からも人気の「陶板名画の庭」。世界の名画と安藤忠雄建築をじっくりと堪能できる、素敵な場所です。

京都府立 陶板名画の庭
住所:京都市左京区下鴨半木町(地図
TEL:075-724-2188
開園時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休園日:12月28日〜翌1月4日
入園料:100円
WEBサイト:http://www.kyoto-toban-hp.or.jp/

LINEで送る