東華菜館

大正15年創建、日本最古のエレベーターに乗って、絶品北京料理をいただく

―文:木村桂子、写真:岡タカシ

夏が近づくと、鴨川沿いはぐんと賑やかになります。「待望の!」とばかりに、京都に住む人もそうでない人も、鴨川沿いのお店へ。お目当ては、美味しいお料理の数々と川床の清々しさです。

そんな鴨川沿いの名店の中でもひときわ異彩を放つ建物、それが今回ご紹介する「東華菜館」。1945年創業の、伝統的な北京料理をいただけるレストランです。
建物自体は大正15年に創建。日本で数多くの建築を手掛けた、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏によって建てられた、スパニッシュ・バロック様式の洋館です。バロック建築とは曲線や楕円を多用し、複雑に入り組んだ装飾が特徴。絵画や彫刻など美術品を飾ることを前提にデザインされた、見ごたえのある空間が広がります。東華菜館もその流れを汲んだ建築で、足を踏み入れただけでなんだか異世界へ迷い込んだような、美しくも圧倒的な世界へと誘います。

大正15年に建てられ今に至るまで、メンテナンスを繰り返しながらその美しさを保ち続ける洋館。そんな創建当時の雰囲気をいちばんに感じられるのは、やはり有名な「日本最古」のエレベーターです。

ガラス張りの扉の向こうには、蛇腹の鉄製カーテン。二重になった扉がガシャンと開き中に入ると、そこは古いアメリカ映画で観たことのある、ひたすらに重厚でモダンな雰囲気。エレベーターは手動となっており、店員さんの手慣れた操作で上の階にも下の階にもスムーズに運んでくれます。安全性の面からモーターなどは現代のものを使用しているため、乗り心地も抜群です。

「スパニッシュ・バロック様式とはいえ、ここまでフロアごとに天井や細かな箇所の装飾が異なるのは、ヴォーリズさんの遊び心なんじゃないかな、と思っています」と、東華菜館の于 修忠(う しゅうちゅう)さん。たしかに5階ある建物は多種多様な装飾で彩られ、何度訪れても発見がありそう。タコやタツノオトシゴなど海の生き物をあしらった装飾も面白く、眺めていると時が経つのを忘れます。

もちろん、絶品の北京料理も忘れてはなりません。フカヒレや海ツバメの巣など乾燥食材を活かした、風味豊かな大皿料理の数々。丸テーブルを回しつつグループで語り合いながらいただけるので、コース料理でも肩肘はらずに楽しめるのが魅力です。

京都人の心を存分に癒してきた、鴨川のほとり。絶品の北京料理に舌鼓を打ちながら水の流れを感じ、時にはワイワイと、時にはしっとりと、さまざまな楽しみ方ができる東華菜館。「京都は伝統的な土地でありながら、異文化を受け入れる懐の深さもあります。だからこそ東華菜館も、長く愛していただけているのだと思います」。川床で北京料理を味わう優雅なひとときをぜひ。

東華菜館(とうかさいかん)
住所:京都市下京区四条大橋西詰(地図
TEL:075-221-1147
営業時間:11:30〜21:30(L.O. 21:00)
定休日:なし
WEBサイト:http://www.tohkasaikan.com/

LINEで送る