天使突抜通

路地の名称から解く、京都の歴史

文:土橋健司、写真:光川貴浩

南北は仏光_寺から七条通まで、東西は西洞院通と油小路通のあいだに、東中筋通という南北に走る通りがあります。別名「天使突抜通」と呼ばれ、高辻通以北は敷石の美しい細い路地になります。とてもユニークな通称ですが、じつは豊臣秀吉が行った区画整理に対して、住民が皮肉を込めて名付けたと言われています。

この近くには、農耕、医薬の神として信仰され、また源義経と弁慶が出会った場所としても記されている五條天神社があります。先に述べた豊臣秀吉が天下統一を成し、権力者として都市改造計画を進めるなかで、上京から下京へと大きな通りを貫く区画整理を行いました。”突抜”と呼ばれるとおり、なんとこの五條天神社の境内に、無理やり道を通すことになったのです。「天使様を突き抜けてまで道を作るのか…」と当時の人々は怒り心頭、その皮肉を込めて名付けられたといわれています。また天使突抜通だけでなく、こうした「突抜」を名乗る町名は社突抜町や大原口突抜町など、京都市内に数多く残っています。

京都の路地の成り立ちは、大きく分けて2つに分類できるように思います。ひとつは、天使突抜のように、時の権力者による都市計画のなかで生まれたもの。なかには、寺社の移転に伴い、境内_の跡地が図子として残ったといわれる路地もあります。また、もうひとつは「条坊制」で区切られた区画では生活に不便だと感じた民衆が生み出した道。桃山時代の茶人・広野了頓が一般人の通行のために屋敷内の通り抜けを許可したことから生まれた了頓図子などは、まさにその代表格でしょう。

また、路地に残る歴史の痕跡は、古いものに限りません。たとえば天使突抜に限らず、京都の路地には、立派な御影石の敷石を見かけます。この石材は1978年に配線となった京都市の路面電車に用いられていたものを再利用したといわれており、アスファルトにはない情緒があります。京都の景観にとても調和し、路地にある種の風格を与えていますが、昨今、道路の舗装などで姿を消しつつあるように思います。

天使突抜通のすぐ東隣りには、通称稲荷路地と呼ばれる、長屋が並んだ昔ながらの路地があります。もともとこちらの長屋には、さまざまな職人さんが住んでいたそうです。その職人さんたちの商売繁盛を願い、家主が路地の奥にお稲荷さんを設置したことからその愛称が生まれたのだとか。現在は一軒の染色職人さんが住まいながらお仕事をされ、職住一体であった京都の住居形式をうかがい知ることができます(作業の様子を見せてもらう際は必ずひと声かけてください)。いまなお稲荷さんは大切に祀られ、初午とお火焚の際には神職さんを招いて商売繁盛の祈願もされているのだそうです。天使突抜通の由来とは対照的に、住まう路地に対して、人々が愛情を込めてその名をつけたといえるでしょう。

 

LINEで送る