祇園 pick up

音楽に触れ、音楽好きな人たちと交わるハッピーな祇園の夜

 ー文:中村慶子、写真:瀧本加奈子

今回の案内人、佐々木慶子さんがオーナーを務める祇園「pick up」は、祇園中心部にあるビルの地下1階にあります。細長い店の奥で存在感を示すのが立派なステージセット。プロやアマチュアによる幅広いジャンルのライブを1カ月平均15~20本予定し、ライブのないときはバー営業をしながらステージを開放しています。ステージ使用料500円で、常設する機材や楽器を時間制限なしで使用可能。飲みながら仲間とステージで楽しんだり、楽器のできる彼が彼女にカッコイイ姿を見せたり。それだけでなく、発表会や結婚式2次会に向けて練習をしたり、バンドを組むには人数が足りない人同士やプロ・アマが一緒にセッションしたりと、いろいろな楽しみ方ができます。

京都府長岡京市で育ち、中学時代はフォークソング部に所属。洋邦のハードロックが好きで、30年前から浜田省吾のファンクラブ会員だという佐々木さん。地元で28歳のとき開いたショットバーを15年近く営みながら、「祇園でお店を」という夢を長らく抱いてきた佐々木さんは2005年、ついに祇園でライブステージを設けたお店を開きました。最初の1~2年は2、3本しかライブの入らない月が続いたそうですが、「徐々に認知度が高まってライブ予定で埋まり出すと、ライブツアー中にプライベートで訪れる国内外のミュージシャンも増えました」とのこと。エディ・ヘンダーソンやベニー・グリーン、ポール・ジャクソンなど世界的ジャズ演奏者が訪れたこともあるそうです。さらに特徴的なのが、「pick up」のステージから活躍する様々なミュージシャンが生まれているところ。京都発の男性ユニット「ふらっと♭」は、ソロ活動していたそれぞれがお店で出会い、お互いの声と曲に惚れ込んだことから結成したそうです。

音楽を愛し、自身も2つのアマチュアバンドでボーカルを務める佐々木さんの思いは、「プロ・アマに関わらず、音楽を楽しむことで人生が豊かになる。そんな音楽活動を応援していきたい」。お店を営む以外に、「オヤジバンド合戦」や「美BAND女(びばんじょ)コンテスト」などアマチュアバンドの活動を後押しする音楽イベントを開催し、KBSラジオで京都の音楽シーンを盛り上げる番組にレギュラー出演するなど、精力的に活動中です。音楽や楽器に触れたい人はもちろん、パワフルさと麗しさを併せ持つ佐々木さんに会ってみたい人はぜひ「pick up」へ。佐々木さんがイタリア人からソースのレシピを教わった「トマトソースパスタ(M)」(1300円)もお薦めです。


〈祇園 pick up〉
住所:京都市東山区八坂新地清本町370ヤサカビルB1(地図)
TEL:075-525-0595
営業時間(バー):20:00~翌4:00
定休日:日曜、祝日(ライブがあれば営業)
WEBサイト:http://gion-pickup.net

LINEで送る