永楽屋 細辻伊兵衛商店 宇治平等院店

永楽屋 細辻伊兵衛商店 宇治平等院店

ー文:佐々木歩、写真:マツダナオキ

十四代続く日本最古の綿布商へ温故知新に戯れる

平等院へと続く表参道の入り口近くに、手拭いや風呂敷を所狭しと並べた一軒の店があります。創業1615(元和元)年の永楽屋 細辻伊兵衛商店の宇治平等院店です。なんと創業以前には、織田信長の御用商人を務め、「永楽屋」の屋号と細辻の姓を拝領したといいます。以来、400年、現在はアイデア溢れる十四代当主の下、京都市内を中心に系列店を含め10店舗を展開しています。

eirakuya
永楽屋といえば、明治〜昭和初期に作られた手拭いの復刻版を中心に扱う「永楽屋」と、十四代当主が発足させたブランドで、カジュアルで愛らしいデザインの総柄ものを扱う「RAAK」の2ブランドがすっかり定着しています。両方を取り扱うここ宇治平等院店は、どの店舗よりも種類が豊富です。

eirakuya
作家とのコラボレーション、数々のシリーズものはもちろん雑貨など、手拭い、風呂敷のみならず、多彩な品数に圧倒されそうな店内です。

eirakuya
宇治平等院店で一番人気は、国宝平等院鳳凰堂平成修理の竣工に合わせて作られた「コラボ手拭 平等院 雲」1728円(税込)。使うよりも額に入れて飾っておきたくなる手拭いです。

eirakuya
どの店でも人気なのが「町家手拭」の舞妓さんシリーズ。毎年新たなシリーズが登場していて、最新作の「舞妓さんたちの夏」や「舞妓さんたちの運動会」に続き、春にはまた新たな柄が登場するそう。各1728円(税込)。

eirakuya
お茶のまち・宇治とあって、大風呂敷で人気第1位は「茶道具紋」3,996円(税込)。大きな風呂敷は、数カ所結べばあっという間にカバンに変身。とってもオシャレなアイテムになります。

eirakuya
実はカバン以外にも身近なアイテムとして活用する方法も多数提案して、店内そこかしこのディスプレイはその一例。手拭いを使ったブックカバーやペットボトルケース、ボックスティッシュなど活用方法はさまざま。店長さんもスカーフ代わりに身につけたりと、自らアプローチ!

eirakuya
RAAKの定番商品では、小さな総柄が愛らしい「だるま」と、だるまが大きめに描かれた「ええだるま」のシリーズが根強い人気を誇ります。表情豊かな「煩悩だるま」3,780円(税込)は表情豊かで思わずクスリと笑ってしまうユーモラスな手拭いです。

eirakuya
斬新で遊び心いっぱいのデザインですが、生地作りをはじめ、型紙を使った注染や型友禅、時には手描き友禅という昔ながらの技法で作られた「本物」ばかり。ぜひ手に取って、そのこだわりにも注目してください。

〈永楽屋 細辻伊兵衛商店 宇治平等院店〉


住所:宇治市宇治妙楽1-1(地図
TEL:0774-20-3400
営業時間:9:30〜18:30
定休日:年中無休
WEBサイト:http://eirakuya.shop-pro.jp

LINEで送る