旭湯

俳優やミュージシャンから愛され続ける老鋪銭湯。

ー文・写真/馬場健太

京都・西院に1920年(大正14年)から
100年ちかく続くお風呂屋さんがあります。

その名も〈旭湯〉。

ここは、京都で撮影に訪れる俳優の方や
音楽をやっている人によく愛されている...という噂の銭湯なのです。

 

旭湯への道

阪急の西院駅から〈旭湯〉を目掛けて歩いていくと
最初、銭湯らしきものは見当たらず通りすぎてしまう方も多いかもしれません(僕はもれなく通りすぎちまいました...)

旭湯_ゆマーク

こちらの「ゆ」マークが目印。そこから一本裏手にまわると

 

旭湯_外観

入り口があります!

なぜ入り口が、大通り沿いではなく小さな通りのほうに?

 

asahiyu

それは「旭湯」のほうが大通りが出来るよりも断然前に建っているから、なのです。

95年前の創業当時、西大路通りの一帯は田畑で
やがて路面電車が走るようになり
広い道路になっていったその間も〈旭湯〉はそこに在り続けてきたという。

 

asahiyu

お湯を温めるための炉や配線の張り巡らされたバックヤードが大通りに面しているのは、その長い歴史の証でもあるのです。

 

 asahiyu

asahiyu

〈旭湯〉昔ながらの方法である、おがくずでお湯を焚いています。たまに通行人の方がこの炉で暖をとっていたりするそうです。

 

林さん

現在、〈旭湯〉を切り盛りするのは3代目の林 勝明さん。先日取材させてもらった〈梅湯〉の湊三次郎さんも学生時代たいへんお世話になっていたのがまさにここ〈旭湯〉の林さんなのです。

 

 

 

 asahiyu

俳優やミュージシャンに愛されるそのワケは。

この近くには、松竹芸能の稽古場もあり、
〈旭湯〉は昔から、著名な俳優の方々が訪れることでも知られています。
ここ最近の常連は寺島進さん。

 

asahiyu2

旭湯が愛される理由は、ただ撮影所の近所にあるから、
それだけはないのだと、自分も実際にお湯に入らせてもらったり、林さんやお母さんとお話させてもらってヒシヒシと感じました!

 

asahiyu3

asahiyu4

銭湯としての質が高いのはもちろんのこと!

 asahiyu6

サウナがとっても広いのもブラボー!

 asahiyu6

水風呂も広いし常時冷たい水が上から注いでいて

 asahiyu

浴槽はそれぞれが深くてとてもリラックスできます。

しかしなんといっても! 

 

asahiyu

あたたかい。

あたたかいのです。人が。お湯やサウナだけじゃないんです。

 

asahiy16

まず、足のわるい常連さんのために椅子を設置していたりしていることに早速おもてなしというか真心を感じたりするわけですが

 

 asahiyu7

何と言ってもこれです。「手ぶらセット無料で貸し出します」
タオル・せっけん・シャンプー、入浴に必要なこれらのすべてを無料で貸し出してくれる銭湯、見たことありますか?僕はありません!

 

asahiyu12

(シャンプー・リンスー・タオル2枚・せっけん・ボディタオル一式が入っています)

入浴料1000円以上のスーパー銭湯ならまだしも、ここは入浴料一律430円のまちのお風呂屋さん。

京都の銭湯はサウナ料金も含まれているため、ただでさえ安いのに!

asahiyu14

asahiyu15

たたみかけるように脱衣所のドライヤー・マッサージチェアまでもが無料。(※男湯のみ。女湯は検討中とのことです!)

 

 asahiyu9

オープン時間は14:10

それから気になっていたのが、14:10〜という絶妙なオープン時間。

ふつう、銭湯といえば開店は15時や15時半からが多いです。

なぜ〈旭湯〉は14:10に開くのか!?

 

その理由は
お母さんが店の前で待っているお客さんのためにと、
1分、5分と徐々にオープンをはやめていき、現在の時間になっているそうです。
優しさの積み重ねがこの開店時間というわけです。

 

asahiy17

西院ミュージックフェスの会場に

さらにここ〈旭湯〉は10年ほどまえから、西院ミュージックフェスの会場になっています。

林さんに話をきくと、銭湯最盛期時代はここで商売をする人、
脱衣所が催事の場になることもよくあったそうで、
ミュージックフェスの会場としての使用も2つ返事でOK!

 asahiyu10

asahiyu11

〈旭湯〉の京都音楽文化へのサポートは会場提供にとどまらず
この壁一面がポスター・フライヤースペースとなっています。
イベントやライブ情報を知らせたい!という方はぜひお願いしてみましょう。

 

 asahiyu

asahiyu

〈旭湯〉では、刺青を入れた方も入浴OK。お風呂のなかでは、警察の方と刺青を入れた方が仲良く語り合うなんてことも日常茶飯事だそうです。まさしく裸一貫の付き合い!お風呂のなかでは肩書なんて関係ない!

 

 

 asahiyu

手ぶらセットなど、他に類を見ない、
ひょろっと立ち寄った人にも誰に対してもとってもあたたかい〈旭湯〉。

旅行で京都をおとずれた際、西院でいつも乗り換えてるわ、という方は
ぜひともここ〈旭湯〉でひとっぷろ浴びることを旅や生活のなかに取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

 asahiyu

〈旭湯〉

住所:京都府京都市右京区西院東今田町9の1
電話:075-311-4833
営業時間:14:10-24:30
定休日:金曜日
twitter:http://twitter.com/hozugangster

 

LINEで送る