WEEKENDERS COFFEE

コーヒーは、まだまだおいしくなる。

 

ー文・写真/馬場健太

「え?なにこのコーヒー!今まで飲んでたものと全然ちがう!」

 数年前、暮らしていたまちに新しくコーヒーのお店ができて、いわゆる「スペシャルティコーヒー」をはじめて飲んだときの衝撃は今でも覚えておりまして、


最近ではそんな「おいしいコーヒー」にも慣れてきたような気がしていたのですが
京都には、さらにもう一段階上の「えええ何このコーヒー!」と驚くほどおいしい珈琲に出会える場所があります。

 

WEEKENDERS COFFEE

左京区の叡電・元田中駅の駅前にある焙煎所兼コーヒーショップ
〈WEEKENDERS COFFEE〉
元田中駅は、あの恵文社がある一乗寺の2つまえの駅です。
京阪電車の終着点、出町柳からも歩いて15分ほどです。

 

WEEKENDERS COFFEE

もともとは2005年からカフェとして営業していたのを、
2011年に焙煎をはじめ、2014年にはより焙煎に特化するために自家焙煎コーヒー豆のショップになりました。(スタンディングでコーヒー等をいただくこともできます!)

 

京都では、喫茶店でおなじみの深煎りコーヒーが主流。なのですが
WEEKENDERS COFFEEでは豆本来の味を引き出す浅煎りがメイン。
京都の人々にとってはあまり馴染みがない味ながら

単純に深煎り・浅煎りだけでなく、豆が持つ本来の甘さや香りをクリアに引き出すことで、それまで馴染みがなかった人にもコーヒーのあたらしい奥深さを伝える場となっています。

 

WEEKENDERS COFFEEWEEKENDERS COFFEE

店主であり、ロースターの金子将浩さん。金子さんの焙煎する豆に惚れ込んだ人は数知れず、〈WEEKENDERS COFFEE〉の豆を取り扱うカフェなどの飲食店・ショップは日本全国に50店舗以上あります。

WEEKENDERS COFFEE

WEEKENDERS COFFEE

そこまで愛されるようになった理由を聞くと、金子さんは「自分が好きな味を出そうとしているだけですよ」と照れ笑い。

 

WEEKENDERS COFFEE

ちなみにその「好きな味」というのが、ひとことでいえば「綺麗な、雑味のない」コーヒー。この焙煎機を選んだのも、外気に影響されにくいことや豆本来の味をクリアに引き出せるから。 

 

WEEKENDERS COFFEEWEEKENDERS COFFEEWEEKENDERS COFFEEお店では実際に焙煎した豆と、挽いたものを手に取り、香りをテイスティングできます。香りだけでも豆の個性がわかってたのしいです。味の特徴についての解説もそれぞれについています。 

 

WEEKENDERS COFFEEWEEKENDERS COFFEE

しかし何と言ってもぜひともコーヒーをいただきましょう。

フルーティで甘い香りと余韻が特徴の、エチオピアのGedebe. 

鼻に抜ける香りと余韻がもんのすごくて、芳醇?って言葉を使ったことなかったですがこれはもうまごうことなく芳醇!です。冷めてもおいしい。というか冷めるほどにおいしくすら感じる。おいしいコーヒーって一口目で「うま~!」ってなるじゃないですか。その後はうまさよりも安心感を飲み続ける感じですが、口をつけるたびに「うま~!」ってなって目を見開きました。

 

WEEKENDERS COFFEE

「砂糖を入れると、ジャムみたいになっておいしいですよ。」

んなまさか〜と思う間もなく口をつけるとさらなる驚きが訪れました。さらにコーヒーとはまた別の、香り豊かなめっちゃおいしい飲み物になりました。ワンダフルです。

 

WEEKENDERS COFFEEWEEKENDERS COFFEE欲張りなことにカプチーノもいただきました。泡とエスプレッソのハーモニー。泡がみっしりつまっていておいしい!

 

WEEKENDERS COFFEE

WEEKENDERS COFFEE

WEEKENDERS COFFEE

〈WEEKENDERS COFFEE〉は自宅でも美味しいコーヒーが飲めるよう、コーヒー用品も販売しております。

 

WEEKENDERS COFFEE

WEEKENDERS COFFEEものを選ぶ基準は、シンプルなもの。一品ずつ選び抜かれた感じがあるのと、実際にこれらの道具でおいしいコーヒーを淹れる姿を目の当たりにするともれなく欲しくなります。

 

WEEKENDERS COFFEE

金子さんにいろいろ聞いてみたい!という方は、15時以降がおすすめ。焙煎の作業が落ち着く時間帯なので、コミュニケーションをとりやすくなっています。コーヒーについてのいろんな質問にたいしても、わかりやすく、ていねいに答えてくださります。

 

WEEKENDERS COFFEE

豆のお値段は、特別希少なゲイシャをのぞいてグラム数による一律料金。(あとから聞いた話ですが、この質の高さでこの価格は東京に比べると破格の料金設定なのだそうです!)豆は、新鮮さをキープするために1ヶ月に1度のペースでどんどん入れ替わります。

 

WEEKENDERS COFFEE

コーヒーとまっすぐに向き合い、自分の追い求める味をつきつめていく。
金子さんは、どこか「職人」という言葉がしっくりきます。
ほんとうに、まっすぐというか脇目もふらずにひとつのことを極めていくような
それでいてやわらかくてオープンで誰に対しても開いている。

 

WEEKENDERS COFFEE

京都、という土地柄はあまり意識したことがないそうですが、
この場が京都にあることに、勝手に必然性を感じつつ、
いちコーヒー好きとして、さらなる感動に出会えたことが嬉しかったです。

ああ、コーヒーってまだまだ知らないおいしさを秘めてるんだなー!と。

京都に来たら、コーヒーが好きな人もそうでない人も〈WEEKENDERS COFFEE〉のコーヒーはぜひとも味わってみてください。 

WEEKENDERS COFFEE

〈WEEKENDERS COFFEE〉
住所:京都市左京区田中里ノ内町82 藤川ビル2F(地図
電話:075-724-8182
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
WEBサイト:http://www.weekenderscoffee.com/

LINEで送る