新町 お灸堂

身体と向き合うひととき。東洋医学ですっきり体質改善〈新町 お灸堂〉

―   写真 / 馬場健太   文/  牟田 悠

 

お灸、したことありますか?

気持ち良さそうだからやってみたいけど、火傷しそうでちょっと怖い…そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

〈新町 お灸堂〉は、まだお若い鋤柄先生がひとりで営むお灸専門の医院。鍼灸院にまつわる渋いイメージとは裏腹に、明るい色の木材を基調としたカフェのような雰囲気でした。

黒板を使ってお灸の考え方を説明してくださる、鋤柄先生黒板を使ってお灸の考え方を説明してくださる、鋤柄先生

 

カフェのようなインテリアカフェのようなインテリア

 

 

そもそもお灸って、どんな効果があるのでしょうか?

「温めたら血の巡りがよくなりますよね。そうすると凝っていたところが柔らかくなって、冷えも軽減する。すごく簡単にいうと、これがお灸の効果です」と、鋤柄先生の説明はなんともシンプル。

「鍼と灸の治療を受けたことがあるのは、日本の人口全体で5〜6%というデータがあります。しかも、お灸の施術をしているところは鍼よりもずっと少ない。『凝りをほぐしたい』というときにお灸がファーストチョイスにならないのは、分かりにくいからだと思います。そのため、ここでは説明もメニューもできるだけシンプルに分かりやすくして、気軽に来てもらいやすいようにしているんです」。

施術のメニューは「治療」と「美容」のふたつ。オプションも、目のお灸だけという分かりやすさです。

 

もぐさの原料は、よもぎの葉の裏に生えている白い毛。スポンジのようにフワフワでしたもぐさの原料は、よもぎの葉の裏に生えている白い毛。スポンジのようにフワフワでした

 

 

今回がお灸初体験の私。頭痛と腰痛が気になるので、今回は「治療」コースをお願いしました。

まずは、カウンセリングシートに気になる症状などを記入するところから始まります。その後、先生がじっくり問診。食事や睡眠、便通の状況などを聞かれました。

それが終わると、いよいよ施術へ。

想像していたのは、病院のように白いシーツが張られた無機質な部屋。ところが実際に通されたのは、「これから始まるのはオイルエステ?」と思うような、ナチュラル&ラグジュアリーな空間でした。

 

 

エステサロンのようですエステサロンのようです

施術は、手首の脈をとったり、足裏の熱を診たりするところから始まります。その手の気持ちいいこと!ふんわりと柔らかく、軽く抑えられているだけでもマッサージ効果がありそう。お灸の合間に肩や首をほぐしてもらうのですが、そんなに強く押されている感じはしないのにすごく心地よかったです。

初めてのお灸は「箱灸」。その名の通り箱のなかにもぐさが入っていて、広範囲を温めるときに使われます。これをお腹に置かれました。おへその辺りから煙が立ち上っているのは、なんとも奇妙な光景です。

 

 

 

広い範囲をじんわりと温める箱灸広い範囲をじんわりと温める箱灸

しばらくじんわりと温めてから、ピンポイントでのお灸にうつります。不思議だったのは、当てられる場所によって感じ方がまったく違うこと。少しチクチクしたり、程よい熱さが気持ちよかったり、皮膚のずっと奥の方までツーンと熱と痛みが通っていくようだったり。まったく熱を感じないところもありました。「凝りが酷いと、熱を感じないんですよ」と先生。

始まる前は取材なのに寝ちゃったらどうしよう…と心配していましたが、お灸に対してさまざまな反応を示す自分の身体が面白くて、リラックスしつつも興味津々で眠るどころではありませんでした。自分の身体というものをこんなにしっかりと認識したのは、もしかしたらこれが初めてかもしれません。

 

 

 

色々なお灸があります色々なお灸があります

52-IMG_3957_161-IMG_3986_1

50分間の施術が終わると、身体の中心が柔らかくなっている感じがしました。慢性的な頭痛と腰痛が、すっきりと消え失せています。そのうえ、少し痩せたような気もする。先生に聞いてみると、血の巡りがよくなってむくみが取れたのだそうです。

「お灸をすると筋肉が柔らかくなるんです。これは絶対に。一時的に痛みを取るだけでなく、根本的な体質改善にとてもいいので、もっと広めていきたいと思っています。家庭で手軽にすることもできますよ」。

そんな思いから、〈新町 お灸堂〉では家庭用のお灸グッズも販売しています。

 

 

家庭用のお灸グッズもいろいろ家庭用のお灸グッズもいろいろ

取材を終えて身も心も軽く家に帰り、眠ろうとしたときのこと。身体が「くにゃり」と柔らかく動いて、何の緊張もなく横たわれることに驚かされました。これまでは、首から腰にかけて板のようにガチガチになっていたのだということに改めて気付かされます。

これからは、お灸で自分の身体をメンテナンスする“お灸女子”になろうと決意しました。

 

 

 

〈新町 お灸堂〉

住所:京都市下京区新町通正面下る平野町787-1(地図
電話:075-203-7601
WEBサイト:okyudo.com
受付時間:10:00〜21:00(電話かWEBサイトにて要予約)
定休日:木曜日・祝日

LINEで送る