琵琶湖疎水記念館

近代京都の風景をつくった人工水路。〈琵琶湖疏水記念館〉

写真:馬場健太 文:牟田悠

「千年の都」として、世界中から観光客が訪れる京都。平安時代から江戸時代にかけての歴史にはよく目を向けられるものの、明治以降について、実はあまり注目されていない。

明治・大正期には、琵琶湖疏水が完成したことで京都の街が大きく変化した。〈琵琶湖疏水記念館〉では、当時の技術水準や社会の様子を示す資料を通して、京都近代化の過程をたどることができる。

40-IMG_2956 2_1

そもそも「琵琶湖疏水」とは、琵琶湖の水を京都に引き込む人工の水路のこと。明治18(1885)年に着工し、明治23(1890)年に完成を迎えた。

明治維新で首都を東京に遷されたことにより、衰退の一途をたどっていた京都。活気を呼び戻すためには、近代化が不可欠だった。そこで持ち上がったのが、琵琶湖疏水の建設計画。滋賀・京都・大阪を水路でつなぐことによって流通を活発化し、水力で発電して工場や家庭に電気を供給することが主たる目的だった。

水力発電が一般に利用されたのは、なんとこの琵琶湖疏水が世界初。その電力によって、日本で初めての路面電車も開通した。

 

発電所で使用されていた水車

発電所で使用されていた水車

 

大正時代を再現したジオラマ。疏水の用途がわかる

大正時代を再現したジオラマ。疏水の用途がわかる

 

疏水の全長は約8.4km。第一トンネルは約2.4kmで、当時としては日本一の長さだった。この大規模な工事を、ほとんど機械を使わずに人力で行ったのだという。牛が土を運んでいる展示写真を見て、現在の工事現場との違いに驚かされた。

写真だけでなく、絵画資料も多く展示されている。細長い紙に、深い井戸のような竪坑(たてこう)内での作業を描いた絵もあって面白い。洋画家・田村宗立や日本画家・河田小龍(日本画)の手になる記録図は、美術史的にも価値が高いそうだ。

 

13-IMG_2909 2_1

1Fの展示室。琵琶湖疏水建設計画の資料が展示されている

水運としてはもう使われなくなっているものの、春は桜の花びらが舞い散り、秋には紅葉に彩られる琵琶湖疏水は、京都らしい町並みの一部になっている。疏水が流れていることで有名なのは南禅寺の裏にある水路閣(赤レンガ造りの桟橋)だが、それ以外にも無鄰庵などの庭園にも引き込まれているので、京都を旅する人なら知らず知らずのうちに目にしているはずだ。

また、京都の水道水には明治45(1912)年に完成した第二疏水の水が使われており、現在も私たちの生活を支え続けている。

 

 

〈琵琶湖疏水記念館〉の敷地内からの風景

〈琵琶湖疏水記念館〉の敷地内からの風景

 

南禅寺界隈を散策するなら、ぜひ〈琵琶湖疏水記念館〉に立ち寄って近代京都を流れる水の歴史に触れてほしい。

〈琵琶湖疏水記念館〉

住所:京都市左京区南禅寺草川町17(地図
電話:075-752-2530
営業時間:3月1日〜11月30日は9:00〜17:00、12月1日〜2月末日は9:00〜16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

LINEで送る