西冨家コロッケ店

人とコロッケの関わり方を変える、次世代のコロッケ店

コーヒーにサードウェーブがきたように、京都では「コロッケ」にも新しい波がきている。感度の高い京都の人々の間ではすでにその名が知れ渡っているであろう〈西冨家 コロッケ店〉。場所は、河原町松原を少し下がったあたり。

「お洒落なコロッケ屋さん」と言い表されることが多いが

ひき肉の割合、使用するジャガイモ、油など原材料や製法にこだわり抜くだけでなく、ブルーチーズ、スモークサーモン、タコのガリシア風、など他ではみたことのないバリエーションを多数展開。コロッケが持つ可能性を最大限に引き出しており、「お洒落」という一言では片付かない真摯さがうかがえる。

 

楽しみ方も多様で、テイクアウトするも良しランチとしていただくも良し、金土はお店のなかでコロッケと共にお酒や料理がいただける。お店の前をたびたび通るのだが、イートインできる時間帯の店内はいつも賑わっている。人生における「コロッケ」との関わり方、人生観ならぬ「コロッケ観」を根底から覆してくれる。

 

3-IMG_9987

この日はコロッケランチを!といさんで開店と同時の11:30にお店に行くと「テイクアウトオンリー」との文字が。

あれ、今日はテイクアウトオンリーなのか、と思い勢いで「お持ち帰りで!」とお伝えした直後、コロッケを揚げてもらっている間に、イートインのランチは12:00〜だと知る。

 

4-IMG_9989

なんとなく引き返せずにそのままテイクアウト。すぐそばの鴨川沿いでいただくという、プランB(グッドロケーションパターン)に軌道修正。

 

5-IMG_9990

プレーンとブルーチーズ。鴨川を眺めながら食べるおいしいコロッケ。至福のひととき。営業時間がしっかりわかったので、次回は確実にイートインを狙いたい。

 

追記:西冨家コロッケ店 Facebookページでは、最新情報や新しい味のコロッケのことが随時更新されているので、こちらも要チェック!

 

1-IMG_9983

〈西冨家 コロッケ店〉

住所:京都府京都市下京区河原町松原下ル植松町735 (地図

営業時間: [月~木]11:30~20:00 [金]11:30~24:00(18:00〜酒場営業)

[土]16:00~24:00(18:00〜酒場営業)

定休日:日曜日

Facebook:http://www.facebook.com/nishitomiya

英語メニューあり

LINEで送る