大黒湯

観光の合間にひとっ風呂。花街の人々も通う、昔ながらの銭湯。

 

京都の街の楽しみ方として

「夕方、飲みに行くまえに銭湯でひとっぷろ浴びる」

というのを教わった。

日中お寺などを歩きまわったら汗だくになるし、疲れもベタベタもそこでいちどリフレッシュ。万全の状態で飲みに出る。たしかにそれは真似してみたい。

そのための銭湯としてピッタリなのが、

祇園・東山エリアや建仁寺からも徒歩圏内にある〈大黒湯〉である。

 

02-IMG_4818

こちらが入り口。男湯・女湯ごとにくぐるのれんも違うのがザ・銭湯スタイル。

中の造りも、まさしく古き良きニッポンの銭湯。

 

 

13-IMG_6356 14-IMG_6373

浴槽は、電気風呂、腰掛けジェット風呂、深風呂、浅風呂、薬湯と一通り揃い、サウナもある。浴槽のお湯には、井戸水がつかわれている。

 

07-IMG_635105-IMG_6349 17-IMG_6381 19-IMG_6390

最大の見所は、70年前に大黒湯ができたときから残る、壮大なタイルアート。

ご主人の松本さん曰く、「当時で、200万〜300万くらいかかったんとちがうかなぁ。銭湯全盛期の昔でなければ、こんな立派なタイル絵はとてもとてもつくれへんよ」とのこと。

 

 

20-IMG_6394 08-IMG_6354

16-IMG_6370 15-IMG_6369 10-IMG_6362

中のポスターやサイン、鏡に刻まれた広告も、時が止まったかのように銭湯全盛期のまま。すみずみまで掃除がいきとどいていて清潔感があるからか、不思議と古さを感じさせない。

 

11-IMG_6366 12-IMG_6364

土地柄、舞妓・芸妓さんなど花街の人々の利用も多い。こちらは90代で現役(!)の芸姑・「美恵子」さんからいただいたもの。

女性客が多いということもあり、浴室も脱衣所も若干女性側のほうが広くなっている。

 

 

21-IMG_6398

50年以上使い込まれた、丈夫な番台。

 

 

09-IMG_6361

昔はたくさんあったが、いまはもうほとんどつくられておらず希少な柳行李(やなぎごうり)。かつてはこの柳行李に荷物を入れていた。

「銭湯に行く習慣は若い人たちはあんまりないみたいやけど、ここに来たら知らん人とのコミュニケーションも生まれるし、面白いよ」と優しく笑うご主人。

やっぱり、「飲みに行く前のひとっ風呂」デビューは、この〈大黒湯〉でまちがいない。

 

01-IMG_4816

〈大黒湯〉

住所:京都市東山区大黒町通松原下ル山城町284(地図

電話:075-561-7551

営業時間:15:15〜翌1:00

定休日:火曜

LINEで送る