対鳳庵

公営の茶室にて、お抹茶を。

宇治といえばお茶の本場。どこを見てもお茶と関係のあるモノゴト、文化に満ちている。そしてさすが!と思うのが、この〈対鳳庵〉だ。宇治茶の振興と茶道の普及を目的に建てられた本格的な茶室で、全国でもあまり例のないであろう公営の茶室なのだ。 DSC_0071 16032494993_8b6b1314af_b 平等院の鳳凰堂に相対していることから、〈対鳳庵〉と名付けられ、本場の宇治茶に季節のお菓子を添えて、訪れる人たちをもてなしてくれる。 16651368332_bd602d01b6_z 一定期間ごとに担当する流派が変わるため、毎回少しずつ違う所作や点前を体験することができるという点も興味深い。ちょっとオトナになってくると「お茶を習ってみたい」という言葉がよく聞こえてくるようになるし、実際に習い始めたという人もちらほら出てくる。 DSC_0073 〈対鳳庵〉では、お茶席は全く初めてという人も、既に習っていて他の流派をのぞいてみたいという人もウェルカムなのだ。さらに英語や中国語、韓国語にも対応可能な上に、年末年始以外はほとんど休みなしという、公営施設とは思えない気合の入り様だ。宇治に立ち寄った際にはぜひお茶席へ。 16652375095_2f9f05f64a_b 〈市営茶室 対鳳庵〉 住所:宇治市宇治塔川2番地(地図 営業期間:1月10日~12月20日(期間中無休) 10:00~16:00 電話:0774-23-3334 E-mail: info@kyoto-uji-kankou.or.jp

LINEで送る