京都人が考える「超」パーソナルプラン

長友麻希子(ながとも・まきこ)

フリーライター・同志社女子大非常勤講師。 食文化や伝統産業を中心に取材執筆してきました。豊富な取材経験から、大学では「京の食材論」という講義を担当しています。気がつけば、人生の半分は京都暮らし。両親も京都で出会い京都で結婚しているので、京都という土地に不思議と縁があるみたいです。趣味は世界の庭めぐり。日本の庭園文化の魅力を未来に伝えていくプロジェクト「こころのおにわプロジェクト」の活動をしています。食文化に関する新聞連載等多数。著書に「にっぽん食探見」京都新聞出版センター刊。その他共著等。

京の冬の食を旅する

京都の冬は、体の芯から冷える「底冷え」で知られています。盆地特有の気候によるものですが、この厳しい寒さこそが、おいしい京野菜をもたらし、白みそづくりや、千枚漬けやすぐき漬けなどの漬物の加工、日本酒の醸造など、さまざまな京都の食文化を支えています。
お正月やその前後には、伝統の食文化を味わえる機会がたくさんあります。食にまつわる物語にふれながら、ぜひ、この季節ならではの魅力にたくさん出会ってください。