京都人が考える「超」パーソナルプラン

北澤雅彦(きたざわ・まさひこ)

伏見の納屋町、中書島で創業して 100 余年の、昆布と鰹〈伏水きたせ昆布老舗〉4 代目。4 年前からアートでまちづくりを目指す「伏見 + Art」 プロジェクトに携わる傍ら、中書島を再び映画の町にするべく活動する 。

伏見桃山・中書島の7商店街とスナック街を巡るディープな2日間

「かつて、交通の要衝として栄え、日本の中心にもなった歴史をもつ伏見。昔ながらの風情を残す、特色ある7つの商店街を巡ります。食べ歩きがたのしいお店、ふらりと立ち寄りたいお店に行きつつ夜は昭和の香りただよう中書島で、ディープな伏見を体感できるスナックへ。

2日目は穴場的な観光スポット、定番の酒蔵まわりをめぐりつつ、最後までほろ酔い気分で楽しんでもらえる伏見をご案内します」

御香宮神社
水の街「伏見」の氏神様を祀る〈御香宮神社〉
「地元伏見の人達から「ごこんさん」として親しまれている御香宮神社。境内から湧き出る水は「御香水」として、日本の銘水百選にも選ばれています。 境内には伏見出身の染色史家、吉岡幸雄先生のギャラリーがあります。閲覧ご希望のかたは予約が必要ですが、その際、先生直々の解説が聞けるかもしれません」

start
町宿 枩邑
築200年を越す町家の宿〈枩邑〉に泊まる。
「中書島から丹波橋まで京阪で移動して〈町宿 枩邑〉に一泊します。1日2組限定で、町家を利用した宿の中でもとても質の高い宿です。門限が23時なので、それまでに帰宅します」

By train 3 miniutes
〈枩邑〉で朝食
「〈枩邑〉に泊まると、手作りの美味しい朝食がいただけます。一泊6800円で、こんな豪華な朝食がつくのか!と驚く宿泊客の方も多いそうです」

start
桃山御陵
歩いてよし、走ってよし、登ってよし。眺望抜群の桃山御陵へ。
「〈枩邑〉から歩いて桓武天皇陵から明治天皇陵へ。ここは地元の人たちにとっては格好のランニングスポットです。洛中でいう「御所」みたいなもんです。長い階段を登ったところから見渡せる景観もすばらしく、散歩するのにもってこい。その後乃木神社から、豊臣秀吉築上の指月城遺構の御舟入跡へ向かいます」

By walk 30 miniutes
長建寺
川沿いを歩いて、「島の弁天さん」へお参り。
「観月橋から三栖閘門、宇治川派流沿いを歩き「弁天さん」として地元の人に親しまれている〈長建寺〉へ。元遊郭の地にあるお寺ということもあって、紅の壁に龍宮城のような門など、見どころ盛りだくさん! ランチは長建寺ちかくの〈吉祥庵〉でいただきます」

By walk 35 miniutes
酒蔵めぐり
日本三大酒処・伏見。酒蔵の並ぶまちなみを歩く。
「〈月桂冠大倉記念館〉や〈キザクラカッパカントリーの河童資料館〉へ。 大正時代の建物を活用した〈夢百衆〉(旧月桂冠 本店社屋)は、中ではお茶もできるしお土産も売ってあるのでぜひ立ち寄りましょう。このあたりには坂本龍馬ゆかりの〈寺田屋〉もあります」

By walk 5 miniutes
油長
お土産選び、という口実で最後にもう一杯。
「伏見の全蔵元のお酒が購入&試飲できる〈油長〉。最後にここで一杯ひっかけつつ、お土産に日本酒を購入します」

By walk 3 miniutes