龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.09.24 TUESDAY

「釈尊」

朝晩は涼しくなり、過しやすい季節となりました。稲刈りも終わり新米の美味しい時期です。京都府内のお米が大嘗祭(だいじょうさい)の斎田(さいでん)として、お隣京都府南丹市八木町氷所(ひどころ)のお米が選ばれました。
2

1
龍潭寺からもそう遠くは無い場所で、臨濟宗妙心寺派のお寺もあり、少し興奮している潭です。しかし、何やら現地は厳戒態勢との事で、近寄り難い様子です。

さて、今回は「釈尊」です。

仏教や禅宗の事を良く投稿していますが、以外に基本となる釈尊の事を紹介していませんでした。そこで、釈尊について紹介します。
3
ご存じの通り、仏教の開祖で創始者です。よくブッダ(仏陀)とも言われますが、釈尊が悟りを開いた後の呼名で「覚者・目覚めた人」という意味であり、釈尊だけを表現しいる訳ではありません。(マメ知識)釈迦や世尊と言った呼び方もあります。

4

紀元前5世紀頃、ヒマラヤ山麓のカピラバットゥを首都としたシャ―キャ(釈迦)族の王スッド―ダナを父に、マ―ヤ―を母として生れました。我々がよく使う西暦はイエス・キリストの誕生から数えています。西暦2019年。実は仏暦も勿論あります。しかし、仏暦釈尊の入滅、つまりお亡くなりになってからとなります。今年は仏暦2562年となるようです。生れた時のお名前はゴータマ・シッダッタと言いました。
5

 母は出産後7日目にお亡くなりになり、叔母に育てられたようです。王子として成長し、ヤソーダラーと結婚もして、ラ―フラと言う男の子も生れました。しかし、29歳にして出家を覚悟します。それは、以前から老・病・死について思いつめる日々が続いていました。ある日、釈尊はお城の周りの4つの門を回りました。東の門では老人に出会い、南の門では病人と出会い、西の門では死人と出会い、老・病・死のまさに逃れようもない苦を痛感します。そして、最後に北の門で出家者に出会います。その崇高な姿に感激し出家を決意したようです。大変ドラマティックですが、ここで1つ思う事。では家族は、王国は。しかし、残して行くものが大きければ大きい程、その覚悟も大きかったのではないでしょうか。

6

 続きは次回。

LINEで送る