龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.09.09 MONDAY

「数珠」

9月に入りました。
しかし、京都は気温35度近くもあり残暑厳しい中ですが、風でも吹けば涼しさを感じる今日この頃。学校も始まり、これからスポーツ・文化に食と言った良い季節をむかえる事になります。

1

さて、今回は数珠です。皆さんにとっても、一番身近な仏教道具と言えるのではないでしょうか。日本は生まれると神社へ行き、結婚は教会へ行き、死を迎えるとお寺へ、と言った異宗教が混成した文化を持っていると良く言われます。ですから、お葬式やお通夜へ行くとなると、数珠は必須となり、自宅にも数本の数珠が有ったり、1人に1つ持っていたり、数本持っていたりします。私の場合は数本どころか30本位持っています。これは記念品等で頂く機会が多い事にあります。そして、数珠がほどけると縁起が悪いとか言う迷信もあります。
2

3

4

5

数珠(じゅず)は珠数・誦数・呪珠とも書いたりし、「ずず」とも読み「おもいのたま」と和訓することも出来るようです。

6

7


僧侶の威儀具(いぎぐ)の1つで仏を礼拝する時に使用し、密教では陀羅尼(だらに)を誦するたびに球を数えるのでこの名称になったようです。各宗旨宗派で使用法や形態は様々です。念珠(ねんじゅ)とも言います。
珠は基本108ですが、54や42や18や16等あるようです。素材も様々です。108は煩悩の数であり、その煩悩を断つ誓い願いや教化や修行も表しているようです。むさぼりの心、いかりの心、迷いの心など、これらは私達の中に確かにあるものです。だからこそ、断つ誓いや願いを持つことでより良い生活が出来ると言うものです。これが功徳と言うことです。数珠の法具(ほうぐ)としての役割と言えます。是非、これからはそのような想いで数珠をご使用ください。皆さんのより良い生活を実現するために。
8

LINEで送る