龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.08.24 SATURDAY

「令和元年お盆の出来事」

昨年は災害と言われる程の酷暑でしたが、今年も同じ状況と言える夏でした。皆さま、残暑お見舞い申し上げます。

令和となり最初のお盆も無事に終了し、本日お盆の締めとも言える地蔵盆を迎えています。生憎の雨降りとなりましたが、龍潭寺でも地元地域や初盆となる各家がお参りです。日々地域をお護り頂いているお地蔵さまに感謝しお供え物をする。また先祖の冥福を願う行事です。

1


2

さて、一年で一番忙しいお盆も無事終了し、ホッとしている所です。ここ数年弟子、弟子と言っても息子達がお盆のお参りを手伝ってくれます。本当に助かり心強い想いです。
4

5

6

塔所(たっちょ)参りと言われる墓経や棚経(たなぎょう)と言われる檀家さんのお仏壇参り等一人前に1人で頑張ってくれています。施餓鬼と言う法要にも参列し維那(いのう)と言うお経の進行役も務めてくれています。今後、彼らをお坊さんとして、どのように教育していくかは私自身の大きな課題となります。

そんな中、お盆の出来事を1つ。龍潭寺では日常、月参り(つきまいり)と言う檀家さんのお仏壇参り。月一の習慣がありません。ですから、年忌法要やお寺での行事が檀家さんとのコミュニケーションの場となりますが、以外とお互いバタバタとするもので、余りお話は出来ないものです。しかし、お盆の棚経は膝を突き合わせ会話する時間があります。そう長くは話せませんが、檀家さんからの相談や質問を受ける事があり、短い時間ですが結構コミュニケーションがとれる機会でもあり、皆さんの悩みや不安を知る機会でもあります。
3

今年は5才の子どもさんからの質問がありました。過去にもこう言う事はよくあり、「なぜ、お坊さんは丸坊主なの?」と質問がありドキッとした事もあります。今回は親戚の葬儀があり、「なぜ死んだ人に白い新しい着物を着せるの?」「なぜお棺に入れるの?」「なぜ火葬して骨にするの?」と言う3つの質問でした。

白い着物は死装束(しにしょうぞく)と言って死後の旅に出る為のもの。
お棺は埋葬しやすい為、昔は土葬で座棺(ざかん)と言って座り坐禅をさせて土葬していた。今は埋葬しやすいから火葬にしている。しかし、昔から火葬の習慣は有ったよう。こんな事を聞いた事がある。人や生物は死後、元素となる。それがお骨である。

そして、もう1つがDNAである。そのDNAは遺族の皆さんの中にある。と答えました。何とか乗りきった状況でしたが、実は落ちがあり、その子どもさんは、私が来るまでは質問すると意気込んでいたようですが、実際は緊張か恐れか、お参りが済むと家の奥に隠れてしまい、お父さんが代弁すると言う結果でした。しかし、物陰からちゃんと聞いていたようでした。可愛いお盆の出来事でした。

 

LINEで送る