龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.07.22 MONDAY

「自利利他」

遅めの梅雨となった今年もそろそろ梅雨明けです。そして、いよいよお坊さんお寺にとって多忙となるお盆の時期を迎えます。
1

2

さて、前回は「経典」として和平といった非常に平和的な仏教的思想を紹介し、我々が今一度考え改めなければならないとお伝えさせて頂きました。その流れで今回は「自利利他」(じりりた)とさせて頂きます。何だか聞いた事のある、また解るような、解らないようなと言ったイメージがありますが、大乗仏教・日本仏教の基本となる理想と言えます。

3

4

自利とは、自ら利すること。悟りを得るため修行し達成する事。また努力する事です。利他とは、自らの利益では無く、全ての衆生を救済する為努力する事とあります。そしてこの両方が同時に進行実現する事です。つまりは菩薩行のことです。

5

6

7

専門的になったので解り易く表現してみます。例えば、ある家族がいてお父さんが仕事をして収入を得ている。その収入はお父さんだけのものではなく家族に還元される。ある会社が利益を上げるが、お客様も喜んでいる。電車やバスで席を譲る。ボランテァ活動をする等です。考えてみれば当たり前の事ですよね。何も特別な事ではなく当たり前の事です。そうなのです。当たり前の実践です。そして確認です。

逆に我利我利(がりがり)と言う言葉もあるようです。お父さんの収入はお父さんだけのもの。お客さんは関係ない、儲かればよい。座席は早いもの勝ち。ボランティア活動関係無い。となればどんな社会となるでしょうか。

8

当たり前の実践が自分も他人も幸せにすることでしょう。

 Win Win

 

 

LINEで送る