龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.07.09 TUESDAY

「経典」

令和となり、穏やかで落ち着いた時代を期待していますが、耳を疑う・目を覆いたくなるような事件事故が後を絶ちません。令和には春の訪れを告げる梅の花のように、明日への希望を持ち、それぞれが大きな花を咲かせる事が出来る国となる意味があるように聞きましたが、一体どうなるのか。

と不安が先行してしまうのは私だけではないはずです。本当に皆で考え改めなければならない時だと感じています。そこで1つヒントになれば。

以前に「お経」と言うお題で本コラムを投稿しました。経典にはそれぞれの功徳と言うものがあります。例えば、「般若心経」(はんにゃしんぎょう)は空(くう)の真理思想が。「大悲呪」(だいひしゅう)は病気が治る。消災呪(しょうさいしゅう)は幸せとなる。観音経(かんのんぎょう)は救済。等々あります。

1

そして、その経典の功徳を得る方法も5つあります。書写(しょしゃ)写経すること。
2

読誦(どくじゅ)唱えること。受持(じゅじ)記憶すること。聴聞(ちょうもん)聴くこと。流布(るふ)宣伝することとあります。お経を読んだり聞いたりすることの実践で、その当人には経典の功徳を得ることが叶います。そして、そのお経を読んだ後には、「回向」(えこう)言う文章を付け加え唱えます。これは、お経を読んだ聴いたものだけではなく、その得た功徳を他人に回す事が出来ると言うものです。

3
非常に慈悲深い平和な仏教的思想です。

大乗仏教として伝わった日本仏教。自分自身だけてなく、全ての衆生をも救われることを願い、自分が積んだ功徳を他人に振り向ける。今の我々にもう一度、考え改めなければならない事だと確信しています。

自利利他(じりりた)次回はこのお題で。

LINEで送る