龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.06.01 SATURDAY

「お寺で婚活」その2

前回に続き、お寺で婚活です。

私自身の大きなテーマに「命の活用」とあります。「自分のこの命をどう活かしますか」と自分自身に対する疑問文です。
1

これは妙心寺のご開山無相大師さまのお言葉「請う其の本を務めよ」(こうそのもとをつとめよ)から来ています。これをいつも心に置いて生活したり色んな活動をしたりしています。その中で、「このお寺をどう活かすか」と言う事もテーマにしています。つまり、各種団体の研修会会場として、坐禅会・写経会・活け花の展示会等です。また、映画テレビの時代劇撮影現場としての活用があります。そして、婚活や就活もしてみたいと思っていた矢先に、今回の婚活のお話があり、即答で受ける事になりました。これだけの環境が整っているのです。会場となり得る広さ、駐車所・交通アクセス、活かさなければもったいない。
3

4

2

前回、吉縁カルタまでお話しました。いよいよメインのトークタイムです。イスを円状に並べ、5分ずつ話してスライドし、男性が1席ずつ移動して行きます。それぞれのプロフィールカードを手にスタート。5分×15組だけでも75分です。なかなかです。この時のポイントは、2人は向き合わないと言う事です。つまり、L字型に座るのです。解りますか。正面で向き合わず、斜めで向き合う。これがポイントと言う事でした。何となく解るような気がします。そして、中間地点に1席が対象に空き席となっていて、休憩や手持ち資料の整理が出来るようになっています。

5

6

そして、最後に少しフリータイムがありました。積極的な行動にも感心し仏縁を祈りました。そして、女性と男性各部屋に分かれ、その部屋には、異性側の各参加者封筒が並べ置いてあり、写真や名前コメント等が表記載されています。そこで、お気に入りや関心の有る方の封筒へご自身の連絡先が記載された申請カードを入れていきます。この時不正行為が無いようにチェックもポイントのようでした。結構積極的に申請されていた雰囲気でした。

7

8

その後、閉会式となり諸注意等もあり、解散時にそれぞれご自身の封筒を返却してもらい解散となりました。それぞれの封筒にどれだけの申請が入っているかは、本人しか解りません。その後、申請者へ返事をされるのかも本人にしか解りません。その辺で、ルールとマナーの諸注意が有りました。この辺は実に当たり前の事であり、相手の事を重んじる仏教的な考え方だとも感じました。

9

そして、お寺で婚活、耳ざわりは良いですが、実際はオリエンテーションやその時々の進行や盛り上げ方により、良くも悪くもなる事も重々感じました。このトレーニングも良くお坊さんはされていました。この行為が本当の意味で「お寺で婚活」であり、このご縁により人々に喜びや幸せと提供出来る土台となり得るのだと感じた一日でした。

LINEで送る