龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.05.27 MONDAY

「お寺で婚活」その1

先日、5月12日(日)のことでした。

「吉縁会」京都北(丹波丹後)による婚活が龍潭寺で開催されました。本会は第4回となりますが、本当は昨年9月に開催予定でしたが、台風の接近に伴い中止となり、龍潭寺での開催は今回が初回となり、待ち望んでいた婚活イベントとなりました。

1
吉縁会とは妙心寺派のお坊さんがボランティアで実施されている婚活です。
静岡県西部から始まり全国に広がりつつあり、会員1万9千人、成婚1千名以上です。以前も登録会場として協力しました。
一体どれだけの人が来るのかと考えていましたが、当日、雨の中を登録会は長蛇の列。びっくりした事を覚えています。登録費・年会費・成立費無料の上(婚活当日の参加費は必要)、お寺が会場、スタッフはお坊さん。この安心感から人気のようです。やはり、お寺で、お坊さんがと言うイメージが宜しいかと。そして、良きご縁を結ぶきっかけをつくる。これこそ、お寺の役割です。

各地で既に登録された方が今回お集まり頂きました。京都大阪関西の方が中心でしたが、一番遠方の方で関東方面と言う方もおられ、驚きと本気度を強く感じました。午前と午後の2部に分かれ、女性15名男性15名の30名ずつ計60名の参加となり、お坊さんスタッフ10名で対応。
2

3

まず開会の法要、皆で本尊さまと、それぞれの良きご縁が結ばれるように般若心経を全員で読み、会所(えしょ)として、私が導師(どうし)をして開会の挨拶。
4

5

早速3グループに分かれて「吉縁かるた」大会。
6

これが結構盛り上がり、自己紹介も含めシェアされて行きます。このカルタが面白く、禅語が使用されている。「把手共行」(はしゅきょうこう)共に手をとり行きましょう。や、「和顔愛語」(わがんあいご)笑顔優しいと言葉。等が入っており、また「結婚前は両目で見て、結婚後は片目で見て」など、突っ込みたくなるようなものも。

7

8

そして、いよいよトークタイムです。続きは次回とさせて頂きます。

LINEで送る