龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.05.07 TUESDAY

「丹後宮津 智恩寺」

いよいよ令和元年もスタートしました。どんな時代となるのでしょう。

5月となり春から初夏の息吹を感じずにはいられない季節ですね。木々の新芽新緑や筍(たけのこ)や蕨(わらび)や蕗(ふき)等の時期でもあります。一番好きな季節です。
1

2

さて、3月の事でしたが、京都丹後方面に出かける機会がありました。
そこで宮津の智恩寺さんへ行きました。以前から観光や研修会で参拝させて頂く事はありました。私が住職をする龍潭寺と同じ臨済宗妙心寺派です。同じ宗旨宗派となり、教区と言われるブロックも同じとなる為、研修会会場としても伺う事がありました。
4

10

11

宮津の智恩寺さんは「宮津の文殊さん」の通称の方が有名かもしれません。日本三文殊の1つであり、あとは奈良県桜井市の安部文殊、山形県高畠町の亀岡文殊とあります。何れも地名からの呼称で、宮津の文殊さんも切戸(きれと)の文殊としても親しまれています。また、縁起から久世戸(くせと)の文殊、「三人寄れば文殊の知恵」から知恵の文殊と多くの呼称があります。
5

3

また、山号も天橋立から「天橋山」(てんきょうざん)と、なるほどと言う山号ですが、「五台山」(ごだいざん)とも呼ばれているようです。これは、中国の文殊菩薩聖地からきたようです。何かと、呼称・通称が多いイメージがつきました。

7

普段は、文殊菩薩の霊場として、おおくの観光客や一般の参拝者が、智恵が授かるとして、受験生や資格試験者の参拝も多くあります。また、と言って、おみくじが扇子の形になっていてそれを境内の松の木にくくりつける習慣もあり、なかなか面白い。

11

境内の多宝塔と本尊文殊菩薩像は国の重要文化財となっていて、本尊文殊菩薩は秘仏となっていますが、正月三ヶ日・1月10日・7月24日の1年に5日間だけ公開されます。7月が狙い目ですね。文殊堂出船祭として開催されるようです。他も日本三景天橋立を中心に天橋立ビューランドや旅館ホテル・料理や土産物等観光資源は豊富です。是非、お運び下さい。
6

 

LINEで送る