龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.04.11 THURSDAY

「京都スタジアム(仮称)」

平成31年度スタートと共に新元号「令和」の発表となりました。万葉集の中にある梅花の宴がキーワードのようです。新時代、梅の花や香りのような、穏やかな希望に満ち溢れる時代になる事を祈ります。

京都は春爛漫の陽気を迎えています。桜も満開。このコラムがアップされる頃はどうでしょうか。
1

2

3

私は梅も桜も好きですが、ボケの花も存在感があり大好きです。漢字では木瓜と書きます。
4

5

さて、我が町亀岡も桜満開でイベントも多数開催されているようです。

そんな中、先日「京都スタジアム(仮)」の工事見学に親子で参加しました。
今、亀岡市は2020年をターゲット・イヤーとして盛り上がりつつあります。2020年スタジアムオープン。併せてNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が放送される事で、明智光秀公ゆかりの地としてクローズアップされる事は間違いなし。またまた、東京オリンピック空手競技ホストタウンとしてオーストリア選手を迎えるようです。そして、スタジアムには大河ドラマ館が併設される事も決定したと聞いています。
また、ボルダリング・スポーツジムやVR・eも出来るとか。
6

7

8

9

京都府も工事見学を実施していますが、地元亀岡市も実施しています。私はこの建設が始まる時から、ふるさと学習やキャリア教育の一環として、子ども達へ見学をさせて欲しいと発信していました。そして、今回亀岡市の見学に親子でと言う企画が有り参加しました。予想を超える応募があり、抽選となったと言う事でした。やはり、地元の関心は大きいという事です。再び企画されるようです。また、参加したいです。
10

11

収容約2万2千人、観客と選手との一体感満載。充実のハイクラスゾーンと多彩なシュートバリエーション。新しい街つくり。スムーズな動線がコンセプトのようです。まさに、令和梅花の宴、スポーツ文化の拠点として、子ども達の希望となり得る京都スタジアムとなって欲しいと願います。そして、まだ仮称ですから、早くネーミングされて欲しいものです。
12

 

LINEで送る