龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.03.08 FRIDAY

「東寺」その2

三寒四温を繰り返し春の訪れです。しかし、3月15日涅槃会お釈迦様のご命日や春のお彼岸、奈良東大寺二月堂のお水取りまでは寒いと言う言い伝えもあるので、もう少しは寒い日もあるのではないでしょうか。いずれにしても暖かい春が待ち遠しいです。
3

4

さて、今回も前回に引き続き東寺さんです。京都の人にとって、東寺と言えば弘法大師、五重塔、そして「弘法さん」と言う名称で親しまれている毎月21日の露店市場があります。これは、以前紹介した北野天満宮の毎月25日「天神さん」と並び、京都の恒例行事の1つです。因みに21日は弘法大師の月命日です。今で良く言う「フリーマーケット」のさきがけです。千軒以上のお店が入り、20万人以上の人出でにぎわい、寺院がなすべき地域貢献であり、地域が弘法大師に寄せる信仰の証であり、寺院の果たすべき使命役割であると考えます。
5

東寺の伽藍(がらん)は南大門を入ると本堂となる金堂があり、薬師三尊と十二神将がまつられています。
6
その奥に講堂があり、ここは大日如来を中心とした多くの如来・菩薩・明王・天王等がまつられ曼荼羅を形成したお堂です。
7
そして食堂(じきどう)と一直線に置かれ、左右には五重塔と灌頂院(かんじょういん)が置かれ、境内全体が曼荼羅を形成しています。
8
創建以来幾多の台風落雷兵火などで火災にあいましたが、幾度とその困難から立ち上がり復興してきた姿が弘法大師の教えそのものであり、修禅の実践と言えるのはないでしょうか。

生老病死に代表される衆生の苦しみの解決法と、その生活への表現が弘法大師の一生であると聞きました。まさに東寺そのものです。是非、東寺・弘法さんへご参拝下さい。

 2

 

 

LINEで送る