龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.02.22 FRIDAY

「東寺」

今年は雪も積もらず、温かい冬であったかと感じています。しかし、このコラムを書いている時は大変寒い日でした。春の訪れを待ちます。
1

2

さて、今回は東寺です。東寺と言えば、やはり五重塔です。現存する日本古塔では一番大きく55メートル。勿論国宝です。京都へ新幹線で来ると、北側に京都タワー、南側に東寺の五重塔です。まさに京都の象徴と言えます。

そして、東寺は真言宗の総本山で教王護国寺(きょうおうごこくじ)が本当の名前ですが、東寺として親しまれています。しかし、実は東寺の名前の方が古いようです。794年桓武天皇は平安京へ都を移し、羅城門の東西に東寺と西寺を造られたことに始まるようです。その後、弘法大師に託され真言密教の根本道場として信仰を集めています。ここで、もし西寺が残っていたら、また京都の大きな財産となっていた事でしょう。
7

今回、この東寺の大師堂(西院御影堂)の保存修理を見学させて頂く機会がありました。

平安時代、唐の国で、当時新しい仏教であった真言密教を学び、真言宗の開祖となる弘法大師のお住いの姿を、今に伝える建物で、これまた国宝です。堂内には弘法大師像と、大師の念持仏であった不動明王が安置されています。いずれも国宝です。また不動堂とも呼ばれているようです。この不動明王は秘仏となっています。つまり、完全未公開です。
よく秘仏だと、50年に一度や何かの記念行事に特別公開等ありますが、この秘仏は完全に永遠に未公開だそうです。何故かと言う話しを聞きました。何と、見た人の命を短くすると言う言い伝えがあるようです。過去、何人かの僧侶が公開を試みたが、みな短命となったとの事です。「そんなー」と思いましたが、それはそれで秘仏としての重みも増すような。マメ噂。

9

そんな大師堂の修理は、檜皮葺(ひわだぶき)の屋根葺き替えと木部や建具・金具の補修等もされているようです。屋根部分の修理も拝見しましたが、その職人さんの伝統的な木工・建具技術を目の当たりにし、感銘を受けました。
11

12

永年に守られてきた文化を、また後世に伝えたいものです。

次回も東寺さんを紹介します。お楽しみに。

 

 

 

LINEで送る