龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.02.07 THURSDAY

「応燈関と思い出」

今回のコラムを考えていた時の事です。ふと思い出した事がありました。そう言えば神奈川県北鎌倉の建長寺さんへ参拝させて頂いたなーと思い出したのです。
1

2

3

(建長寺)

さて、今回は応燈関(おうとうかん)と思い出です。応燈関、一般の方には耳慣れない言葉ですが、我々臨濟宗の者には鉄板の言葉です。建長寺の大応国師(だいおうこくし)、京都紫野の大徳寺開山が大燈国師(だいとうこくし)、京都花園の妙心寺開山が関山慧玄(かんざんえげん)です。この3名の一文字ずつを取って「応燈関」です。この3名は師弟関係にあり、今の臨濟宗の淵源(えんげん)となる3名を象徴する言葉です。
4

5

6
(大徳寺)

妙心寺の関山慧玄(無相大師・むそうだいし)は、大徳寺の大燈国師・宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が師匠で、その師匠が建長寺の大応国師・南浦紹明(なんぽじょうみょう)です。私は妙心寺派の住職ですから、勿論妙心寺への参拝した事は何度もある。大徳寺も京都市内に有るので参拝した事はある。しかし、鎌倉の建長寺へは参拝した事はありませんでした。学生の頃から一度建長寺に行きたいと思っていましたが、特に住職になってから更にその思いは大きくなりました。因みに、けんちん汁は建長寺発祥と聞いています。マメ知識 

7

8

9

10
(妙心寺)

数年前の事でした。福祉のある資格を取る為、神奈川県の葉山へスクーリングがあり一週間行く機会がありました。その帰り道の事です。この機会を逃してはと、北鎌倉駅で飛び降りました。暑い夏の日でした。駅を降りるとすぐに、目に入って来るのが円覚寺と言うこれまた臨濟宗のお寺です。しかし、取りあえず円覚寺は失礼し、まず建長寺を目指して歩き始めました。行かれた方は解ると思いますが、北鎌倉全体が、雰囲気のある所でした。いわゆるパワースポットのような非常に何とも言えない感覚を覚えました。そして、建長寺に到着し、総門を抜けると、奥深い境内があり、それを進みます。

すると何だか、スーとして来ました。

丁度、7月で大変暑い日でしたから、歩いて来るまでにかなり汗をかいていましたが、スーと汗が引くのです。そして諸堂をお参りし、しばらくの間、静かに手を合わせていました。帰りには円覚寺さんにもお参りさせて頂き、門前で美味しいそばを食べて、京都まで帰って来ました。

たまたまでしたが、以前から建長寺さんへお参りさせて頂きたいと思っていていましたから、何か心がスーと、落ち着いたような気持ちになりました。また、後ろから「しっかりやれよ」と、肩をたたかれたような、押し出されたような気持ちにもなり、京都へ戻って来ました。やはりお寺と言うのは不思議な雰囲気と言うか力がありますね。雰囲気や環境によっても気持ちをととのえることが出来るのだと感じた思い出です。

応燈関と、思い出でした。

LINEで送る