龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.01.25 FRIDAY

「お香」

平成最後の年も既に1月後半です。本当に時の経つのは早いものです。春の香りももう少しかと。

さて、今回はお香です。
1
先日、所用があり京都市内を歩いていました。すると、懐かし場所を通りかかりました。それは烏丸二条にある松栄堂さんです。
2

私が天龍寺専門道場で修行時代、1年に1回この松栄堂さんで点心(てんじん)と言って斎座(さいざ)を供養(くよう)して頂く、つまり昼食をご馳走になる習慣がありました。当時はどう言う訳か天龍から1人、そして妙心寺専門道場から2人と一緒にお伺いする事になっていました。天龍では私に白羽の矢が立ち、緊張してお伺いした事を思い出しました。ただ単にご馳走になるのではなく、3人で一緒にお仏壇へお参りをして、所作を重んじながら無言で食事を頂くのです。そして、お互い雲水ですが、修行年数で関係性は大きく変わるので、食事の味は忘れましたが、その辺の微妙な関わり方は今でも記憶にある位です。

お香と言うと皆さんはどんなイメージでしょうか。やはり、線香とか匂い袋等でしょうか。

お寺やお坊さんとお香は切っても切れない関係があるようです。仏事は勿論、お正月やお目出度い時も焼香でお香を焚きます。また毎日のお勤めでもそうです。そして、携帯もするのです。つまり、他寺での法要や通夜葬儀法事にも持参し、自らのお香をお供えします。線香も持参する場合もあります。
4

5

古来インドでは、お香は植物性の香料で体臭などを消す為に身体に塗る塗香(ずこう)。また、室内や衣服に焚く焼香(しょうこう)の風習があったようです。また、香を焚く事は仏を迎える行為であり、清める事でもあり、特に焼香は日本仏教で一般的です。しかし、塗香も今で言う香水の始まりと考えられます。

焼香にも色々種類があります。丸香(がんこう)・散香(さんこう)・抹香(まっこう)・練香(ねりこう)・線香(せんこう)等です。一般的には線香が有名です。
12

15

それらの原料も伽羅(きゃら)沈香(じんこう)や白檀(びゃくだん)が有名ですが、匂い袋や現代的な商品も多くあるようです。またお供えだけでなく、おもてなしや癒し。そして「香を聞く」香道もあり、今の時代にマッチする香りがします。
16

17

19


 是非、松栄堂さんへ。また、昨年出来た薫習館(くんじゅうかん)も隣接しています。お香の学びや体験が出来ます。

10

 

LINEで送る