A perspective of editor girls

京都の編集プロダクションの編集部女子が、日々の面白い話題、発見などなど・・・気ままに京都の魅力を発信します。
Editing production girls in Kyoto are sending you the charm of Kyoto freely with funny stories and discoveries in their daily life.

編プロ女子/Editing production girls

京都の編集プロダクションの編集部ジョシより、コラムをお届けします。私どもは、『企画』『編集』『デザイン』を3本柱に、伝統と文化が息づく京都を本拠地にお仕事をしてきました。これまで得たたくさんの実りの中から、"京都の今"を切り取って京都の魅力をお伝えし、1人でも多くの方に京都を好きになっていただければと思います。

Editor girls at the editing production in Kyoto, write a column to you. We work with 3 cores ‘planning’, ‘editing’, and ‘design’ in Kyoto which their traditions and cultures are still alive. Through our plenty of great experiences, we are going to introduce ‘Now in Kyoto’ to you and we want as many people love Kyoto as possible.

2019.01.16 WEDNESDAY

今年参拝すべき?イノシシ神社

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

皆さま、年末年始はゆっくり過ごせましたでしょうか?

 

さて、今年は亥年。

「イノシシ」にちなんでテレビでも様々な報道がされておりましたが、京都でもある神社がとりあげられておりました。

それが「護王神社」!

和気清麻呂が祀られているのですがイノシシが命を助けたという説があるようで、そのために「いのしし神社」とも呼ばれているためだそうです。

さらに、イノシシのおかげで和気清麻呂の足腰が治ったことから足腰がよくなるというご利益もあるのだそう!

 

報道によると、こちらに今年初詣に行く方がかなり多く、3時間待ちの参拝になったそうです(笑)

バーゲン並ですね!(バーゲンでもこんなに並ぶ・・・?)

だけど、確かに今年参拝しておきたい!この流行にのっかろう!ということで、少し遅めの初詣に行って参りました。

 

 

こちらが護王神社。

私が参拝に行ったのが1月の2週目だったのですが、かなり長い行列ができていました。

20分ほど待ち、ようやく境内へ!

 

 

入って早々、目の前にはどーん!と大きなイノシシの絵馬。

さらにまわりを見渡すとなんと、本物のイノシシもいました☆

 

 

珍しい、白いイノシシも見ることが出来ました!

 

 

特別にふれあいの場を4日間限定で設けていたようです。

イノシシなんて滅多に見ることがないからこの機会に、とじっくり観察。

よく見ると、鼻は豚に似ているような・・・?

と思って豚とイノシシの関係を後日調べてみました。

すると衝撃的な事実が出て来たのです。

 

なんと、豚はイノシシを家畜化したものなのだそう。

(これは私が知らないだけで常識なのでしょうか?)

ということは、豚はもともとイノシシだったということ・・・!

驚愕の検索結果に驚きを隠しきれませんが、今知ることができてよかった。(笑)

 

少し話がそれましたが、他にも境内にはたくさんのイノシシがいて私たち参拝者を楽しませてくれました♪

 

 

 

あぁ、今年一年足腰丈夫で健康に過ごせますように。

 

最後になりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

LINEで送る