龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2019.01.07 MONDAY

「新年に寄せて」

新年明けましておめでとうございます。
皆様には、平成元号最終そして、新元号の始まりとなる。平成31年良き新年を皆様でお迎えになられました事、心よりお慶び申し上げます。旧年中はBEACON KYOTO潭コラムをご拝読頂き感謝致します。本年も変わらずご報愛を賜わりますようお願い申し上げます。

さて、昨年の漢字一文字は「災」災いでした。地震に始まり、豪雨、災害と認定されるほどの酷暑、そして度重なる台風被害。まさにその通りの1年でした。

当寺にとりましても「災」と言う字で表現出来る1年だと感じています。なんと言っても9月4日に通過した台風21号被害です。龍潭寺の歴史の中でも例を見ない事だと考えます。幸い建物への大きな被害は有りませんでしたが、庭園やお墓や山林等での巨木倒木被害が多数出ました。そして、その処理についてもいまだに出来ていない状況です。
1

2

3

どうか今年は落ち着いた1年となる事を願うばかりです。そして、この1年も恒例のお正月やお盆や開山忌・年中行事に加え、このお寺をどう活かすか。つまり、檀信徒の皆さんのみならず、一般の方々にも開放し良いお寺の活用が出来たらと考えています。今後もこのお寺の活用は自分自身にとってのテーマとして行きたいと考えています。
4

新年お正月もそうですが、綺麗に掃除をしてお飾りをして元旦を迎えています。種々の行事でも同様です。このお飾りを荘厳(しょうごん)と言います。
皆さんもお正月やお盆・法事また人が集まるイベント等は同じだと思います。今回なら早くから掃除をして幕を張り打ち敷きや毛センを引き、門松・しめ縄・お鏡さん等でお飾り荘厳をします。
6

8

しかし、本当の荘厳とはその場で出会う人達と、より良い関係を築く事が、本当の荘厳と言うようです。これは色んな場面で言える事ではないでしょうか。各ご家庭・各地域・学校・会社・各団体で、それぞれで良い関係性を構築すると言う事です。是非、それぞれのお立場場面で良い1年の荘厳を飾れるようお互い心掛けたいものです。
9

LINEで送る