龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.12.18 TUESDAY

「晋山式 その3」

さてさて、平成30年も押し詰って来ました。来年は元号最終年度となります。
何と言う元号になるのでしょうか。興味津々です。

今年の漢字一文字は「災」でした。個人的にもこの災と言う一年と言える気がします。来年は「災い転じて福と為す」となる一年を願います。因みに、災いと禍とは同じ意味です。
1

さて、晋山式最終章です。(前回前々回はこちら)
晋山の偈を唱え、皆でお経を読むところまで前回伝えました。

お経を読み終わると、一旦新命和尚は退席し、袈裟を替え再度入堂します。
2
賀儀受け茶礼(がぎうけされい)と言い、それぞれ各方面から頂いたお祝い金の台帳を一々拝見し、禅宗の宗祖達磨大師にお供えします。
3


そして、参列者全員でそれぞれ一杯のお茶を飲みます。
4
禅宗では1つの釜で炊いたお茶を皆で飲む言う習慣がり、和合の茶礼(わごうのされい)と言いこの法縁に感謝し、皆仲良くしましょうと言う事を宗祖達磨大師に誓うのです。

これが済み、祝辞となり法要から式典へ移行します。
来賓祝辞となり、今回は新命和尚が修行をしていた相国寺専門道場のお師家様から。本山妙心寺からは教区の役員様が。等々あり、責任役員様が謝辞を言われ、式典は終了。その後全員で記念写真。今回は2回に別れての記念写真。
5
その後、祝宴会場へ移動。私の時は本堂で出斎(しゅっさい)と言う昼食をお出しし、精進料理屋あじろさんにお世話になりました。従事出来上ったお皿をお膳へお出しする事が有りましたが、今回は近くの料理屋さんでとなりました。
6
祝宴ですから、やはり挨拶があり乾杯となり開宴。今回はお琴の演奏があり花を添えて頂きました。
7
そして盛り上がりお開きとなりましたが、私はこの祝宴でも司会を仰せつかり、ゆっくりと、と言う訳には行きませんでした。そして、記念品がそれぞれに配付され解散となり、お見送りとなり無事円成。後はもろもろの残務処理。
8

3回に亘り晋山式を紹介して来ました。大変な一大行事です。この縁に私は弟子、弟子と言っても息子ですが、弟子と4人でお手伝い出来た事は大変有り難いご縁を頂きました。因みに弟子達は到着茶礼のお饅頭とお抹茶、煎茶をお出ししました。
9

最後に、来賓のお師家様が言っておられました。荘厳(しょうごん)といって当日お寺は幕や打ち敷き、毛セン等、綺麗に飾られます。しかし、本当の荘厳とは本日参列されている方々との良い関係性を築く事が本当の荘厳である。とおっしゃりました。素晴らしお言葉でした。

では、皆さん良いお年を。良い荘厳を。

LINEで送る