龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.11.20 TUESDAY

「晋山式 その1」

今年の紅葉は早いかと予想していましたが、例年並みか、少し遅いようでした。やはり、自然は予想通りに行かないものですね。既に晩秋といった時節となりました。
1 

2

3

さて、今回は晋山式(しんざんしき)です。一般の方や外国の方には聞きなれない言葉かと思います。晋とは進むと言う事、山は寺院と言う事です。新しく住職となる者が、その寺院に行列をなして進み、住職となる儀式を挙行する事です。
11

10
先日、龍潭寺の法類(ほうるい)となる、京都府南丹市のお寺でその晋山式がありました。法類とは親類と同じで、寺院としての親類。つまり、教えの上や歴史の上での関係を法類寺院と呼び、お互いに末永い関係性があります。そのような事で、今回もお手伝いをさせて頂きました。加担(かたん)と言います。

 この晋山式、一寺院において30年から50年に1度位の、盛大な行事となります。ですから、簡単な事ではありません。準備・費用・人手・施設整備等かかり、今回も1年以上前から準備しておられました。

勿論、私も挙行しました。1997年のことです。今となれば良い思い出ですが、私は大学時代に先住職が亡くなっていましたから、卒業後すぐに修業に2年行き、帰ってきてから事務的にはすぐに住職になりましたが、そこから1年半の準備を要し1997年11月9日に龍潭寺第25世としての晋山式を挙行しました。
5

7


本来なら、先住職となる方がおられて、一緒に準備を進め交代すれば良いのですが、私の場合は知識も経験も無い中で一人。法類寺院さんや地元の檀信徒さん達と会議を重ね重ね、準備を進め、当日は尊宿(そんしゅく)と言う寺院方約50名、来賓親族約40名、檀信徒関係者約100名の参列でした。お稚児さんも花を添えてくれ、成功裏に挙行出来たのです。その中で関係性を構築する事に繋がった事は、今も大きな財産となっています。また、この式を執り行う事で、住職として覚悟を築き確かめる事にもなるのです。懐かしいなー。そして、写真若いなー。
9

今回はここまで。次回以降、その内容をお手伝いした法類寺院の晋山式を通してお伝えします。お楽しみに。

 

LINEで送る