龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.11.15 THURSDAY

「お寺の活用」 

11月秋も深まり、京都は大変に賑わう時期です。
1

2
龍潭寺の紅葉は11月中旬から下旬がピークですが、今年は少し早いように感じています。

さて、今回はお寺の活用としました。
お寺と言うと葬式・法事と言うイメージや観光・修行と言うイメージが強いように思いませんか。いわゆる仏事や法要の他にも、実は利用使用する事があります。それを私は活用と言っています。
龍潭寺では、時代劇等の撮影現場としての活用や、七五三まいり・結婚式・坐禅会・写経会・ヨガの会・婚活など。今年は婚活を9月に予定していましたが、台風の影響で中止となりました。しかし、来年の5月に開催予定です。いわゆる仏事のみとならないように心掛けています。お寺の活用です。
そして、今回は研修会の会場として活用がありました。
12

3

4

5

6

亀岡市内を中心とした臨濟宗妙心寺派の役員さんや檀信徒さんの研修会となりました。講師さんは妙心寺から派遣された布教師をお招きしての布教研修会と言う内容でした。一口に研修と言っても中々大変です。
勿論、内外掃除・会場設営・資料準備・控室や講師さんの接待等。その他雑務も沢山あり、多くの方々のお手伝いやお役目などあり開催出来る事です。今回は約100名のご参加もあり、無事に終了しました。
7

8

9

 因みに、今回の研修テーマは「信心帰依(しんじんきえ)信―何を信じるか―」でした。
10

昨今、何を信じてよいのかわからない時代とも言える中、今回のテーマです。法話は80分程の内容でしたが、その中からワンポイント研修を。

信心帰依とは、神仏に帰依する事ですが、仏教では信心は出発点と言えます。「信心とは釈尊の教え(仏法)を信じ自分の内なる力を信じること、自分の心を信じること。信仰とは外に向かって手を合すこと。」これは鎌倉の円覚寺横田南嶺管長のお言葉です。是非、参考にして下さい。そして、このコラムも活用下さい。

11

 

LINEで送る