龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.09.19 WEDNESDAY

「啐啄」

各地、稲刈りも始まり収穫の時期となり、涼しくもなり良い季節と言いたいところですが、先日の台風21号により各地では甚大な被害をもたらしました。龍潭寺でも同様で十数本の巨大倒木があり、未だに復旧の目処がつかない状況です。自然と上手く共存して行かなければなりませんが、今回は厳しい状況です。

1

6

7

さて、今回は「啐啄」(そったく)です。お寺の本堂へ上る玄関に額が掛っています。その額に「啐啄」(そったく)と言う字が書いてあります。
2

3
「啐啄」一昨年末に、私の修行の上で師匠となる天龍寺管長からお便りを頂きました。そのお便りの中で「啐啄」と言う言葉に触れておられました。啐とは鶏のひな鳥が卵からフカする時に卵の内側からつつく事です。そして、啄と言う字は、親鳥が卵を温め、機を見て外から殻をつついてフカを助けると言う事だそうです。この行為が修行においても同じであり、修行者と師匠の関係を表していると言う事でした。弟子と師のはたらきが合致するさまを、フカの際に見られるひな鳥と親鳥との呼応の関係に例えて表現しています。

4

5

その通りであり、私は様々な関係立場で共通すると思います。
まず親子関係や夫婦の関係・会社や組織団体での関係・地域や学校での関係など。お互い両者の関係が相合致する事が大切であり、これも一昨年末、オバマ前大統領が安倍首相とハワイのパールハーバーでおっしゃったスピーチの中に日本語で「お互いのために」と言う言葉がありました。その時、スーッと、この啐啄と言う言葉と重なりました。現在社会、このようなお互いの関係性が希薄化して来ている状況があります。是非、「啐啄」参考にして頂ければ幸いです。

 

LINEで送る