龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.08.11 SATURDAY

「お盆と思い出」

 盛夏とは良く言いますが、激夏と言う言葉が農業にはあるようです。今年はピッタリの言葉です。皆さん如何お過ごしですか。

 さて、8月です。夏休みお盆休みの方もあれば、レジャー宿泊関係や飲食関係は多忙を極める時期でもあります。また、お寺やお坊さんも一年で一番忙しいお盆の時期です。
 2016年8月投稿の「お盆」「施餓鬼」を是非ご覧下さい。お盆は、亡き方や祖先先祖に対して、感謝の念を表し、お寺お墓ご自宅でそれぞれお供えお参りし、改めて供養をします。そして、迎えるや帰って来てもらうと言う表現をします。

 特に、今年初めてお盆を迎える亡き方に対しては、より手厚くお供えやお参りをする習慣があります。

 初盆(はつぼん)と言う言い方をします。既に今年も、お盆の準備や行事はスタートしています。お寺の入り口に旗を立て目印とします。

 私の近しき存在では、父が25年前に祖母が7年前に亡くなりました。丁度、6年前に初盆を迎えた祖母の思い出を紹介します。一連のお盆の行事や準備に追われ、慌ただしい8月を送っていました。併せて、祖母の初盆のお供えお参りもしていたある日の事です。

 殆ど、出ずっぱりになる時期ですが、その合間で草引きや掃き掃除をしていました。クタクタで汗だく状態で作業を一通り済ませて、作業を行った範囲の再確認をしました。すると、1カ所だけ草引きをし忘れていた場所があり「あー」と思い、草を引き始めました。
 その時、ふと考えました。「あー生前、祖母は草引きをいつもしてくれていたなー。大変やったやろなー。」と思いました。その瞬間です。「あっ、祖母が帰って来ている。」と感じました。これが私の経験した思い出です。つまり、単純に考えるとお盆とは祖先先祖を思いだす事が一番大事だと考えます。
 皆さんのお盆や初盆の方がいれば参考にして下さい。

 

LINEで送る