龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.07.17 TUESDAY

「茶禅一味」

今回、大被害をもたらした西日本大豪雨。皆さん、大丈夫だったでしょうか。被災され尊い命を失った方々、未だ行方不明の方々、治療中や避難中の方々。そして、そのご家族ご関係者の皆さん、本当に心からご冥福をお祈り申し上げ、お見舞いを申し上げます。
1

2

大自然の前での自分達の無力さや、また防災対策の重要性など感じています。そして、複雑な想いの中にあります。この世の事は、全てを受け止め受け入れて行く事だと考えていますが、やはり、受け入れ難い事もあるのだと感じています。

雨は仏教や禅では法雨(ほうう)とされ、「一雨千山を潤す」(いちう、せんざんをうるおす)や「一雨炎熱を払う」(いちう、えんねつをはらう)とあり、潤い・洗うや衆生を救う・慈悲の心と表現されたり、宗教としては雨乞いと言った習慣があり、雨を願い望む形で信仰されています。しかし、昨今の雨量は過去には無い状況となり、雨への考え方や捉え方も変化し、地球環境の問題となっていると言わざるを得ません。

また世間を見ても、大学や官僚の不祥事等々目立っており、何かスッキリしない想いをお感じの方も多いのでは。しかし、生かされている私達は、それでも生きて行かなければ、ならない。

そこで、禅語を1つ紹介したいと思います。「茶禅一味」(ちゃぜんいちみ)。茶つまり、茶道の心と禅の極意は一つであると言う事でしょう。雑念無く一心にお茶を点(た)て、そのお茶を頂く。おだしする方、おだしされる方は一体となる。前者は、流れるような所作で。後者は、その環境の中で素直に受け入れ、心を留めることなくいただく。これが禅の境地と言える。
4

5

前記した事と関係ないように思われるかもしれない。しかし、大自然や地球環境と対する事ではなく、世の中の問題や不祥事と対するのではなく、向き合い、受け止め、受け入れる事で一体となるのではないか。それが今、問われ求められているのでは。茶禅一味。お茶をおだしする人、いただく人の関係性のように。
6

7

この禅語の額は、私がいる会議相談室に掲げてある。

LINEで送る