龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.03.22 THURSDAY

「随所に主となれば、立所皆真なり」

今年は大変寒く、京都も丹後の方では大雪に見舞われ、京都市内でも氷点下になる事も多くありました。
1 

2
ようやく春めいて来て、梅の花も満開です。きっと各地の梅スポットもベストシーズンだと思います。

3

4

そして、3月15日はお釈迦様のご命日で涅槃会(ねはんえ)でした。お釈迦様もお亡くなりになりました。勿論我々も同じように、何時か死を迎えます。例外はありません。
(※「涅槃」については過去のコラムにも掲載。)
 5 

6

この時期は卒業式シーズンです。
7
お目出度い事ですが、別れの時期でもあります。しかし、この別れも出会いの始まりとも言えます。また、会社や組織等では、年度末年度始めで、移動や入退社の時期でもあります。そんな時期にお伝えしたい禅語があります。臨濟宗の祖である臨濟義玄(りんざいぎげん)禅師のお言葉で「随所に主となれば、立所皆真なり」(ずいしょにしゅとなれば、りっしょみなしんなり)と言う言葉です。これは私が修行していた道場を去る時に、師匠である師家(しけ)から頂いた言葉です。その時は余り意味を解っていませんでしたが、修行後、日々過し年々送る中で良く解って来ました。どんな環境にあっても、そこに自己の主体がはっきりと存在すれば、その場その場が真実となり得る。あーだこーだととらわれず、本来の自分を具現化すると、自身の心が活発に動きだす。と言う事だと考えます。つまり、卒業や就職・異動等環境変化があったとしても、置かれた場所で自分自身を持っていれば、いつでもどこでも正しく導かれるのです。
8 

9

 私も色々な顔を持っています。その場その場で花を咲かせるよう心掛けたいものです。
10

11

何時か、死を迎えるからこそ大事な事です。

LINEで送る