龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2018.03.02 FRIDAY

「二十五回忌 後編」

 前回に続き、龍潭寺先住の二十五回忌です。

二十四年前、何も知らない、解らなかった私が、父と同じ道を自ら歩みだして二十四年。走馬灯のようによみがえる瞬間です。そんな思いを振り返りながら、今回の法事準備をスタートしました。
8

9
皆さんも法事を主催された方は良く解ると思いますが、一口に法事と言っても中々な行事です。時間や費用・労力・気苦労等を伴います。まずは日程調整を参加予定者と調整決定します。案内状を作成し発送、併せて料理屋さんの予約を入れます。出欠が出揃うと粗供養と言う記念品の準備やお饅頭の段取り。日が近づくとお寺の内外掃除・墓掃除。また当日お手伝いや役付けの方との打合せ。会場の設営と飾り付け。慌ただしく動きます。
10

11

12

そして、当日は掃除や飾り付けの最終確認。料理屋も到着。参列寺院や親族・寺役員等が到着。到着茶礼をして、いよいよ本番。
6

5

4

3
法要会場へ鐘や太鼓の音に合わせて整列。導師と言われる役(今回は潭)がお供え物を焼香で清めて先住へお供えし、この為に作った漢詩を唱え、参列寺院で読経となり、最後は参列者全員で焼香し、そのままお墓参りも執り行いました。その後は書院にて全員で斎座と言う昼食を頂きます。これは先住にお供えした同じ食事となります。
13

15

16
その後、参列者に粗供養を配付し、出立茶礼をして解散となります。
これで終わりではありません。手伝いを頂いた方への昼食があり、後片付けとなり、その後、掛かった費用の支払いとなります。かなりの額となりますよ。
大変な苦労・労力・費用等が掛かります。しかし、亡き師匠である父の死後、二十五年を迎えるに当たり、残された者でこのような法事が出来る事を幸せと思い、又、そう思える生き方をして行かなければならないと、改めて考える感じる機会となりました。
報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

LINEで送る