A perspective of editor girls

京都の編集プロダクションの編集部女子が、日々の面白い話題、発見などなど・・・気ままに京都の魅力を発信します。
Editing production girls in Kyoto are sending you the charm of Kyoto freely with funny stories and discoveries in their daily life.

編プロ女子/Editing production girls

京都の編集プロダクションの編集部ジョシより、コラムをお届けします。私どもは、『企画』『編集』『デザイン』を3本柱に、伝統と文化が息づく京都を本拠地にお仕事をしてきました。これまで得たたくさんの実りの中から、"京都の今"を切り取って京都の魅力をお伝えし、1人でも多くの方に京都を好きになっていただければと思います。

Editor girls at the editing production in Kyoto, write a column to you. We work with 3 cores ‘planning’, ‘editing’, and ‘design’ in Kyoto which their traditions and cultures are still alive. Through our plenty of great experiences, we are going to introduce ‘Now in Kyoto’ to you and we want as many people love Kyoto as possible.

2018.01.31 WEDNESDAY

サラバ悪縁、ハロー良縁

気付けばあっという間に2018年になっておりました…。
ご無沙汰しております。編ジョシでございます。
遅ればせながらですが、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

***

さて今回は、すでに昨年の話になるのですが、兵庫に住む友人がある日突然、「悪縁を切りたい!!!」と力いっぱい申しておりまして。「どんな悪縁?」と聞くと、「なんかいろいろ。うまくいかないこととか、いま、自分が悪いところにいるってことが分かるから、そういった悪縁を切りたい」と。ううむ、なかなか深刻?と、いうことならば!やはりあそこしかないでしょう!
ということで、安井金比羅宮へ行ってまいりました。
安井金比羅宮は悪縁を切り、良縁を結んでくれるという神社。縁切り縁結びの碑には連日大勢の人が列をなしています。そういう場所があるよと伝えたら、「行く!!!」とやはり力いっぱいに申しておりました。

と!
その前に、何事もまずは、腹が減っては戦はできぬということで、腹ごしらえ。土曜だし、どこも人が多く、行きたいところは満席ですと断られ…行きついた場所は、ブーガルーカフェ四条店。ブーガルーさんはパンがおいしいので、定期的にお邪魔しております。パスタが食べたい!と意気込み入ったのに、なぜか二人ともオーダーしたのはチーズハンバーグ。あ、あるよね~。
さてさてそんなこんなで、お腹もいっぱいになったことだし、いざ!悪縁を断ち切りに!!


安井金比羅宮に着いたら、そこは、人・人・人!!!!
え、コレみんな悪縁切りたいの?どんだけ悪縁切りたいの!?っていうレベルの人の多さ。
でもここまで来て引き返すのも悔しいので、決行です。
まずは、本殿に参拝。そして「形代」とよばれる紙(100円)に願い事を書きます。それを持って碑をくぐるのだそう。それがこの形代↓。

形代を書けばあとは碑をくぐるのみ!最後尾に並び、碑をくぐるときをひたすらに待ちます。そう、ひたすらに・・・・・・

 

そして待つこと2時間半…、真上だった太陽も傾きかけた頃、ようやく碑をくぐる出番が回ってきました。碑をくぐるのに2時間半待つって、我ながらすごい。狂気。でも真夏にケーキ屋に5時間並んだ過去を想えば2時間半なんてヨユーなのでした。狂気。

これが「縁切り縁結び碑(いし)」。なんだかジブリとかに出てきそうな生物に見えません?
まわりの白いものは、この碑をくぐった人が最後に貼る形代。本来の碑が見えないほど形代が貼られていて、人の思いの強さというか、うーん、うまく言えないですがそういったものを感じます。(ちなみにこの形代、紙なのですが雨の日とかはどうしているのか、ふと思ってしまいました)
碑は真ん中に穴があるので、そこをくぐります。形代を手に持ち、願い事を念じながら向こうにくぐり抜ける。そうして、向こう側からこちらへくぐるときも同様。往復することによって、「悪縁を切って(向こうへくぐる)、良縁を結ぶ(こちらへくぐる)」のだそうです。
そして最後は形代を碑に貼ります。これであとは、悪縁が切られて、良縁が結ばれる時を待つのみです。

 

さ、無事に悪縁も切ったことです。お次に何しましょ?
友人に訪ねると「良縁を結ぶ!!」(またも力いっぱい)。え、今悪縁を切って良縁を結んだんちゃうの?また結ぶん?ってことで、お次は地主神社にレッツゴー。
ここ1、2ヶ月の間に仕事で清水寺に何度も訪れていたのですが、プライベートでは久々。

拝観時間ギリギリでしたが、なんとか地主神社まで来ることができてほっとひと息(必死です)

友人が、いいご縁に恵まれますように(ついでに私も!)

 

清水寺を出るといい感じの夕方に。夜になりゆく前のほんのわずかなグラデーション。夕方が好きな理由は刹那的だからかもしれません。
清水坂をはじめ二寧坂、産寧坂など、どこも人で溢れかえっており、活気づいていて、寒さなんてなくなるよう。

 

そんなこんなで、今年もこんな感じでゆる~くやってまいります。極寒の日々が続いておりますが、これを乗り切れば、きっと春が近づいてくるはず。そう、悪縁を切った先には、いい縁にめぐまれるはず。そう信じて、春を、ご縁をのんびりと待つことにしましょう。

LINEで送る