龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.11.14 TUESDAY

「花かたらず」

京都には沢山の本山と言われる寺院があります。会社で言うと本社ですね。

そこで、京都府内の本山総数を調べてみました。ここでは伝統仏教宗派と言われる近世以前からある本山としました。殆ど京都市内ですが、京都府内では39寺院あるようです。マメ知識。勿論、日本国内では京都が大多数をしめます。

私がよく行く本山は、龍潭寺の本山となる妙心寺。修行をした天龍寺。そして、何故か法華宗の本隆寺です。京都市上京区智恵光院五辻上ルにあります。
1
こちらは、私の母は華道の東山未生流(とうざんみしょうりゅう)と言う流派に所属しています。この流派の家元が本隆寺となります。この本隆寺では、毎年活け花展が開催され、年に一度はお邪魔しています。今年も11月に開催され、行ってきました。
ところが、今年はいつもと雰囲気が違いました。
2

3
何と、平成28年から平成38年まで平成の大改修と称し、国の重要文化財となる本堂と祖師堂の修理がなされていました。10年掛けての修理。想像し難いですが、今から完成が楽しみです。是非、ご参拝下さい。

今年も活け花展を拝見しに行きましたが、どの作品を素晴らしものでした。
5 

6
活け花ですから、切りとった生花です。その切りとった花を、最後に活かし作品として命を吹き込み、人々に感動や静寂を与えます。私のお薦めを数点紹介します。母の作品もあります。ご覧下さい。
7 

8

9 

10

11 

12

さて、私の父は南禅寺で修行をしました。ここも本山です。その南禅寺に柴山全慶老師と言う方がおられました。父の修行の上での師匠に当たります。その方が詠まれた詩があります。「花かたらず」と言う詩です。「花かたらず。花は黙って咲き、黙って散ってゆく。そして、再び枝に帰らない。けれどもその一時一処に、この世の全てを託している。一輪の花の声であり、一枝の花の真である。永遠に滅びぬ生命の喜びが、悔いなくそこに輝いています。」

私達もこの一輪の花のように悔いのない人生を。
13

LINEで送る