龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.11.06 MONDAY

「慈悲」

今回は慈悲です。
慈悲
慈悲とは仏教において大変重要な言葉であり、実践的な行為と言えます。

実は、この慈悲を自分の中のテーマにしています。しかし、慈悲にも諸説あるようで、「いつきしみとあわれみ。」や「楽をもたらし苦を除く。」等あるようです。そこで今回は潭コラム風に紹介してみます。

 皆さん、ドラえもんはご存じですよね。テレビや映画で世界的にも有名なアニメです。そのドラえもんの映画に「のび太くんの結婚前夜」と言うタイトルのものがあります。
ある日、のび太くんは、心を寄せるしずかちゃんと、できすぎくんと言う勉強も運動も良く出来き、しかもハンサムな、2人に出会います。確か、劇の練習か何かで2人の仲良さそうは場面を目撃します。
そして、やきもちをやき、ドラえもんに相談します。
しかし、ドラえもんは「心配しなくてよい」と言います。
のび太くんは「どうしてそんな事を言うのか。」と。ドラえもんは「ボクは未来から来たから、将来のび太くんとしずかちゃんが結婚する事を知っている。だから、心配しなくても大丈夫。」と言います。
しかし、のび太くんは信用出来ません。そこで、タイムマシーンに乗って未来に確認しに行こうと言う話になりました。
ところが、どう言う訳か結婚当日ではなく、結婚前夜に到着します。
すでに、ウエディングドレスの衣装合わせしたしずかちゃんとお父さんが自宅の部屋にいます。それを窓の外からのび太くんとドラえもんは覗いています。
よくあるシーンで、ご両親を前にしずかちゃんが「長い間、お世話になりました。明日、のび太さんと結婚します。」と挨拶をします。
そして、だんだん気持ちが高まり「私は沢山もものをパパとママから貰った。しかし何の恩返しもせずに、明日結婚する。」と複雑な思いも出始め、終いには「結婚やめる。」とまで言ってしまいます。焦ってしまうのび太くんとドラえもんです。しかし、お父さんが諭してくれます。
「しずかは、何の恩返しもせずにと言ったが、もう既に沢山のものをパパやママにくれたのだよ。初めてママのお腹に宿った時、誕生してくれた時、初めて歩いた時、そして大きくなって一緒に行ったキャンプで見せてくれたあの笑顔。本当に沢山のものをくれたのだよ。だから、そんな心配はしないで明日のび太くんと結婚しなさい。」と言ってくれます。
そして、その後「私はしずかがのび太くんを選んでくれた事を大変喜んでいる。彼は人の苦しみを自分の苦しみとし、人の喜びを自分も喜びとする事が出来る人物だからね。」と付け加えたのです。

 これです。この「人の苦しみを自分の苦しみとし、人の喜びを自分も喜びとする。」この実践が慈悲と言うことです。
皆さんもドラえもんそしてのび太くんから学びましょう。是非、一度見て下さい。
1

 

LINEで送る