龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.10.19 THURSDAY

「初心とトイレ掃除」

「初心」とても良い言葉に聞こえます。
「初心忘れるべからず」とは、「修行や学業仕事などを始めるとば口に立てた目標や志を忘れてはいけない」と言う意味で現在は捉えています。しかし、そもそもの意味は全く違うと言う節があります。ここにある「初心」を「初志」と同じ意味と捉えたこれは間違った解釈だと言います。

「初心」とは「初心者」の「初心」と全く同じである。未熟で慣れない状態のことを指します。つまり、この格言の意味は「物事を始めた頃の未熟で失敗ばかりであった時の記憶、その時、味わった屈辱や悔しさ、そこを切りぬけるために要した様々な努力等を、忘れてはならない」と言う意味となります。だから、「初心」の状態の新入社員などが何かのスピーチで「初心忘れるべからず」と言うのは間違った表現であり、これは、ある程度その道をたどったものが自らの中だるみや慣れによって生まれる慢心を戒めるために使うことが望ましいと言えます。

 では、何故初心を忘れてはいけないのか。それは、初心を忘れれば初心に戻るからです。今の自分が初心の頃味わった多くの苦しみと長い努力の上にある事を忘れ、元からこのような才能があったなどと慢心するならば、日々の努力をも怠るようになり、すぐなり下がるだろうと言う事です。

何れにしても、最初に持っていた志や目標、時間と経験の中で培った事をいつも心に持たなくてはならない。

私は禅宗の僧侶の一員です。願心と初心で道場に入門しました。その道場は現代社会とは逸脱した世界でした。そこで入門を許され、先ず一番にすることがトイレ掃除「東司(とうす)掃除」と言います。これを1年間は叩きこまれます。
私の友人でJRに入社した方がいました。やはり、最初はトイレ掃除からだったそうです。今は分かりませんが。時代の流れや企業にもよりますが、トイレ掃除は新人・新入社員の登竜門的存在ではなかったのでしょうか。初心を忘れない、初心に戻らないようにする為にも日常のトイレ掃除は大切な行為ではないでしょうか。
そこで、潭さんのトイレ掃除講座(現代版)を行います。
1

1、手袋をする。(衛生的)

2、クモの巣を取る。床全体を箒で掃き、散り取りで集める。

3、便器内部(大・小)に洗剤をかけ、ハンドブラシをかける。便器の水を流す。

4、固く絞った雑巾又は除菌シートで室内の平面となる部分をふく。電気器具・マド枠・ドア枠・鏡等、上から下のイメージ。1週間に1回は平面・側面全てふく。
2

5、雑巾又除菌シートで便器・タンク等を全面ふく。便器・便座上下・ふた・ペイパーホルダー等。

6、雑巾又は除菌シートで床部分をふく。(タイル式はデッキブラシをかける) 

※この時に水滴全てをふきとることがポイント・雑巾は数回洗い使用   

7、汚物流しやバケツでブラシ・雑巾を洗い流す。
3

8、手洗い口はスポンジ・たわしで蛇口等全体を洗う。ここの水滴は取らなくて良い。

9、雑巾等を整頓し、石鹸・トイレットペーパー(三角に折る)・手ふきの補充を確認する。
4

10、   最後にスリッパを揃えて完了。

5

汚れたものが目に見えてキレイになることは大変気持ち良い事です。「すー」とします。他の物を綺麗にすることで自分の心が綺麗になります。仏教では清浄心や洗心とも言います。心が洗われ浄化されると言うことです。

日常のトイレ掃除を通して、初心を思い出し、初心に戻らないように心掛けては如何でしょう。マメ講座

 

LINEで送る