京都は人口の一割を学生が占める、全国でも有数の学生のまち。 そんな京都だからできる、学生プロデュースの祭、それが京都学生祭典です。
今回はそんな京都学生祭典の実行委員である学生が、一大学生としての日々感じた“純粋な”日常を綴っていきます。
Kyoto is a city of students, where they make up 10% of the population. Kyoto Intercollegiate Festa is a student-produced festival project. One of the students from this program committee will be writing a column expressing pure thoughts and feelings of living in Kyoto as a student.

京都学生祭典

第15回京都学生祭典
京都学生祭典は産・学・公・地域と連携し、京都の学生が主体となって運営する「祭」です。記念すべき15回目を迎える今年は、「京都学生文化」の創出を目標に掲げ、活動しています。学生のパワー溢れる「京都らしさ」をたくさんの方々に知っていただくことで、「学生のまち・京都」の魅力発信につとめてまいります。今年は10月8日(日)に平安神宮前・岡崎プロムナード一帯で開催を予定しております。

2017.09.25 MONDAY

9 月も終盤になり、だんだんと過ごしやすい気候になってきましたね。みなさんいかがお過ごしですか。今回コラムを書かせていただく私は、20歳の大学生です。進学を機に京都に来ました。京都生活3年目の、まだまだあまちゃんです。
1

レトロな喫茶店に古書店、無数の神社仏閣。訪れたいと思う場所が無数にある町、京都。仙台の実家にいる母から、「まだあそこのお店、行ってないの?」なんて言われるのを心配したりして。ああ、京都ってなんだか焦るなぁ、と思いながら生活しています。せっかく京都にいるのだから、ガイドブックとスマホを見て目的地へ行くよりも、自分の足で歩いてお気に入りのお店を見つけたい。でも大学の授業やアルバイトに追われ思うように時間が取れない。そんな時にたまたま参加したのが、京都学生祭典の“ローラー”でした。

 ローラーとは、京都学生祭典を知ってもらうための広報活動で、民家や商店へ個別に訪問し、地域の方々にチラシを置かせていただいたり、ポスターを貼らせていただけるように依頼することです。私は祭典の実行委員として、3年間広報部で活動しています。活動内容は主に、チラシやパンフレットを制作したり、フリーペーパーや新聞に掲載依頼をしたり、色々です。今は10 月8 日の本祭に向け、京都駅周辺のお店や、プレイベントでお世話になった地域の商店街などでローラーを行っています。簡単そうに聞こえますがこの活動、意外と勇気と根気がいります。何軒も何軒も回って、連続で断られた時のメンタルは崩壊不可避です。でも、コツをつかむと何となくポスターを貼らせてもらえそうなお店の雰囲気、チラシだけでも置いてもらえるように交渉するための姿勢、などが分かるようになってきます。
2

いろんなお店をグルグル回っているうちに、「あ、ここだ」と感じる一軒に出会うことがあります。
ここなら確実に置かせてもらえる、という雰囲気を醸し出している、例えて言うなら、「モヤモヤさまぁ〜ず」に出てきそうな感じの、ディープでアングラな感じのお店。

その日は、入り口の赤い提灯が印象的な居酒屋さんにお邪魔しました。中から出てきたのはキリッとした表情の女将さん。なんとなく怖そうな雰囲気、これは失敗した…と思いました。
しかしここまで来て引き返すわけにもいかず、祭典の活動趣旨を説明し、恐る恐るポスターを貼らせてもらえないかお願いしました。すると、さっきまでの厳しい表情とは打って変わり、
「ええよ。その代わり、今度友達とみんなでうちに飲みに来てな〜!!」と一言。
「なんかこのデザイン外国人のお客さんにウケそうやし、ここに貼って〜」と、お店の中で一番目立つ場所にポスターを貼らせていただきました。自分たちが良いと思って採用したデザインを、お店の方にも良いと言っていただけて、「女将さん、ありがとう」と心の中でガッツポーズ。10 月8日の本祭が終わったら、この人に会いにまたこのお店に来ようと思いました。そこで私は女将さんがしていることもある種、自分のお店の広報であることに気がつきました。また会いたいと思わせる女将さんの人柄に惹かれ、何度も足を運ぶお客さんがいるのだろうと思ったからです。

女将さんの、一見の客である私たちに対する優しさに触れて、広報には表現、デザイン、写真などの技術に加えて「信頼関係」「コミュニケーション力」など必要なことが色々あるのだと実感。また、ついに自分のお気に入りの一軒を見つけられて大満足。
本祭が終わったらここでひっそりと打ち上げをすることを約束し、お店を後にしました。
3

私たちが京都市中に貼ったポスターをご覧になった方も、そうでない方も是非10 月8 日(日)は平安神宮前・岡崎プロムナード一帯へお越しください!京都学生祭典本祭では、実行委員一同素敵な企画を用意してお待ちしています!

LINEで送る