A perspective of editor girls

京都の編集プロダクションの編集部女子が、日々の面白い話題、発見などなど・・・気ままに京都の魅力を発信します。
Editing production girls in Kyoto are sending you the charm of Kyoto freely with funny stories and discoveries in their daily life.

編プロ女子/Editing production girls

京都の編集プロダクションの編集部ジョシより、コラムをお届けします。私どもは、『企画』『編集』『デザイン』を3本柱に、伝統と文化が息づく京都を本拠地にお仕事をしてきました。これまで得たたくさんの実りの中から、"京都の今"を切り取って京都の魅力をお伝えし、1人でも多くの方に京都を好きになっていただければと思います。

Editor girls at the editing production in Kyoto, write a column to you. We work with 3 cores ‘planning’, ‘editing’, and ‘design’ in Kyoto which their traditions and cultures are still alive. Through our plenty of great experiences, we are going to introduce ‘Now in Kyoto’ to you and we want as many people love Kyoto as possible.

2017.09.25 MONDAY

新名所!KYOTO TOWER SANDO

すっかり夏の空気から秋のにおいになってきた今日この頃ですが、

今年4月にオープンした、京都タワーの新名所・京都タワーサンドにはもう行きましたか?

 

 

京都タワーといえば京都駅の前に凛然と佇む、京都のシンボル。

京都出身でないわたしでさえ、旅行から京都に戻ってきたとき京都タワーを見れば「帰ってきたなあ」なんて郷愁に駆られたりします。

そんな京都タワーですが、上は展望室、地下は大浴場、中間はお土産屋さんといった風で、わたし自身、利用率はそんなに高くなかったんですね。

立地も広さも申し分ないこの場所になにかドーン!としたものがあったら面白いのに。

そんなことを思っていたここ数年。

ついに京都タワーが新しく生まれ変わりました!

 

フロアは全部で3つに分かれており、地下はグルメ、1階は土産、2階は体験。

早速、リサーチという名の遊びに行ってきました!

 

B1Fのグルメフロアには19店舗が入り、そのうち17店舗がフードホールとして利用可能になっています。(※それぞれの店で購入し、テーブルに持ち寄れるスタイル)

京都の『弘』や『かつくら』、『リンク』など勢ぞろい!(例がすべて肉系に・・・)

お客さんはどうやら観光客ばかりというわけでもなく、大学生の集団や、家族連れなど、幅広い人たちに利用されているようでした。かくいうわたしも学生時代の友人たちと集まり、昼から夜まで宴を楽しみました。総額1万ぐらい使いました。(!)

でもこんな感じならひとり使いもアリですね、とても。

 

メキシカンが楽しめるRoti Chicken & Jackie Tacos DELICATESSEN。スペシャルに大きいチキンが美味!!メキシコのビール・コロナとともにいただきます。

 

スタイリッシュなKYOTO TOWER SANDOバルでは、クラフトビールの飲み比べセットを。THE!フォトジェニック!!左から「一期一会」「黒潮の如く」「なごり雪」と、名前もすてき。

ビールのほかにも多種多様なお酒がスタンバイするSANDOバル。個人的にオイルサーディンを食べたかった・・・。

さらにバルはお酒だけじゃありません。

京都サイダーという、名前にも姿にも惹かれてしまうものを発見。柚子味ですっきりさわやか。(写真真ん中)

おやつだって取り揃えています!名前の由来にちょっぴりほろりとしてしまう『ニコット&マム』でおやつタイム♪

(※ニコット&マムの名前の由来はHPをチェックしてみてくださいね)

 

もちっとしていてわたし好み~。

 

夕方になると照明が落ちてムーディーな雰囲気に。

夜はしっとりとお酒を楽しむのもアリかもしれません。

 

ありとあらゆるジャンルの料理やお酒、スイーツが充実しているので、どんな場面でも使えるのが嬉しいですね。

 

●おまけ●

入り口に面したマールブランシュでは、生茶の菓アイスバーがタワーサンド限定で味わえます!わたしも早速食べてみました。

1本250円という手軽さで、小ぶりなのに満足感が得られます。お濃茶ソースにディップして食べるのですが、すごい、本当に濃厚でおいしいです・・・。

さらにコーヒーのサービスもあって、マールブランシュ様!すごい!!となりました。さすがでございます。

 

そんなわけで新しくなった京都タワーを満喫した編ジョシでした・・・。

新しい京都の観光スポットに、京都タワーサンドはいかがでしょうか。

LINEで送る