龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.09.21 THURSDAY

「色」

9月にも入りお米の収穫の時期ですね。
1 2
昔は11月頃まで稲刈りをしていたようですが、最近は9月に稲穂も実り、機械も入りお米は収穫のピークを迎えています。
4 5 6 7

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」(みのるほどこうべをたれるいなほかな)と言う諺があります。謙虚さを表す理想的な人間像ですね。
お米の稲も新緑から深緑となり、黄金色の稲穂へ成長し収穫され、新米として出荷されます。1つの稲を見ても沢山の色を段階的に織りなし、我々も眼にします。

この世には、色々な色があり、それは視覚を通して脳に入ってきます。
しかし、眼に見えないが存在しているものもあります。空気や物の裏や気持ちとでもいいましょうか。

今回はこの色から日本仏教を見てみます。
日本には伝統教団と言われる各宗旨宗派が沢山あります。私の勝手なイメージですが、それぞれの宗旨のイメージカラーで紹介してみます。
まずは日本仏教会の代表的存在、比叡山延暦寺を本山とする天台宗は何色でしょう、緑色かな。いや紫色でしょうか。
10
高野山金剛峯寺を本山とする真言宗は、やはり曼荼羅のイメージで赤色ですね。
11
西本願寺・東本願寺を本山とする浄土真宗と知恩院を本山とする浄土宗は、浄土・阿弥陀仏、やはり金色ですね。
12
では、我々の宗旨、禅宗と言われる臨濟宗黄檗宗曹洞宗は何色でしょうか。
8
黒色か白色か。いや無色です。ちょっとズルイですか。無色と言っても透明ではありません。言わば、油絵で言うニカワのような物です。つまりは、他の色を活かす色とでも言いましょうか。自分以外のものを活かす色が禅宗の色と言えます。
9
それは般若心経の中にある「色即是空 空即是色」(しきそくぜくう くうそくぜしき)と言う事だと教えて頂いた事があります。

 

 

 

LINEで送る