龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.08.20 SUNDAY

「無言の行」

忙しいお盆も終わりホッとしている処ですが、やはり日本仏教において先祖供養は大きな意味を持ちます。今の我々が存在している起源であり、ルーツなのですから。

前回は「法衣」と称して、お坊さんの装いについてお話しました。今回は鳴らし物です。お寺には沢山の鳴らし物、楽器のような物が沢山あります。何故、こんなに有るのでしょうか。

それは、無言の行と言われる事から考えられます。お寺や修行道場では、細かいサイクルで一日の流れが決められています。起床・就寝・洗面・朝課(朝のお勤め)・朝食・昼食・夕食・掃除・作業・坐禅・托鉢・休憩・全てに言葉のアナウンスは無く、全て種類別けされた鳴らし物で案内されます。また、お経を読む中においても、始まりと終わりや声を合わせるタイミングやスピード・焼香する相図等、細かく決められています。

 では、臨濟宗の鳴らし物を数点紹介します。
1

2

 大鐘(だいしょう)除夜の鐘や日の出や日の入り・集合準備の相図に撞きます。龍潭寺の大鐘は戦後の物です。戦前に有ったものは供出(きょうしゅつ)と言って戦争の為、持ち出されたようです。まめ知識。
 3

 大磬(だいけい)と小磬(しょうけい)これはお経を読む時に使用します。お経の始まりと終わり。また焼香の相図等に打ち鳴らします。お寺では一番使用率が高いかな。
4

 木魚(もくぎょ)お経のスピードを調整します。早く読む時は早く打ち、ゆっくり読む時はゆっくり打ちます。お寺に来られた方に打たせてあげると大変喜ばれます。

5 
 法鼓(ほっく)儀式参列や整列の相図に打ち、打ち方にはそのタイミングまで細かく決まっています。

6 
7
印磬(いんきん)析(たく)印磬は磬の略式であり、持ち運び携帯する事も出来、墓経等でも使用します。また、印磬・析は坐禅時や食事時に使用します。

簡素な仏道の中に、言葉を発する事で雑念や間違いを防ぐ効果があると言う事だと考えます。まさに無言の行です。無言だからこその効果が有るのです。

LINEで送る