龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.08.15 TUESDAY

「法衣」

さあ、お盆の8月です。我々僧侶は威儀(いぎ)と言って、装い振舞いが厳しく細かく規定化されています。各宗旨宗派によりそれぞれ異なりますが、今回はお坊さんの装いを紹介してみます。決まった時期に決まった法衣を着けて行事等を行うようになっています。衣替えと言う言葉も、洋服中心となった日本でも定着した言葉となっています。

仏教はインドで生まれました。ご存じの通りインドには袈裟があり、中国には衣があり、日本には着物があり、現在の日本仏教の法衣となりました。着物に衣を着て袈裟を掛けると言う威儀が出来たようです。まめ知識

さて、今回は私の属する臨濟宗の法衣を簡単に紹介します。

1
まずは、作務衣(さむえ)。作業着です。畑仕事や山仕事・掃除等に着ます。動きやすく汚れたりしても良い丈夫な物で、パンツスタイルで一般の方や旅館の方等も使用されています。
2

略衣(りゃくえ)と言って正式な法衣の略式で、移動時や会議・お墓参り等に着ます。一般的に言うとフォーマルスーツかな。
3

4

本威儀(ほんいぎ)は正装となります。タキシード辺りになるのかな。
5

6

7
これは、それぞれの法階(ほうかい)と言うものがあり、取得した階によりグレードアップします。配色や素材・大きさが定められ、檀家さんの法事やお寺の法要時に着ます。

それぞれ法衣専門店で購入しますが、元々袈裟などは継ぎはぎ粗末なものでした。その流れは残しながら、今では絹や金襴等を使う高級品となっています。何だか、変な感じがしますが。

何れにしても、「威儀を正す」と言う言葉があるように、物や形だけでは無く、その装いや儀式により、精神的にも研ぎ積まされる事が大事なのでしょう。

次回はお寺の鳴らし物について紹介する予定です。お楽しみに。

 

LINEで送る