龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.07.20 THURSDAY

「この夏のお薦め・蓮と共に」

いよいよ盛夏となり、京都も梅雨が明けた頃でしょう。

さて、龍潭寺には池が3つ有ります。
1 2
その中で一番大きな池には蓮が群生しています。60年程前まではかなり群生していたようで、お盆の時期になると近所の檀家の方々が蓮の葉をとりに来られ、お盆のお供え物を、その蓮の葉にのせ、まさに「おぼん」のようにして、先祖供養をしていたようです。それによって採りすぎた為か、蓮は枯れてしまったと聞いていました。そして、再び咲かせようと蓮根を入れてみますが、なかなか群生しない状態が続いていたようです。ところが、25年前突然蓮が池に着きだしました。偶然にも私の父であり先代の和尚が亡くなった年の夏の事でした。まめ不思議。

3 4

 では、ここで蓮に因んだ禅語を紹介します。
「火裏の蓮花朶々開く」(かりのれんげだだひらく)火中の蓮花が一面に咲く事です。とても暑く苦しい中、修行を重ね、遂に悟りを開くと言う事を表現しているのでしょう。我々の生活も大変苦しい苦労の中にあります。あの見事に美しい蓮の花も、実はこの暑い苦しい中、そして泥の中に咲き誇っているのです。
5

 今回の潭コラムは夏休みシーズンお薦めのスポットを紹介します。
まずは地元亀岡から亀岡市宮前町猪倉の谷性寺「ききょうの里」です。
6 
7 
8
明智光秀ゆかりの地に5万株のききょうが群生しています。「時は今 あめが下しる 五月かな」と歌い、本能寺の変(1582年)で織田信長を討ったとされる明智光秀の家紋が桔梗と言う事だそうです。7月23日までオープンしています。物産展等もあるようです。

そして、「かめプー」こと亀岡運動公園プールです。
8
9月3日までオープンしています。龍潭寺からも近く、京都府内大阪府からも大勢お越しです。是非共、暑い京都亀岡へ。気持ち良いですよ。

 そして、亀岡市と言えば保津川下りです。
10
その保津川下りと京都市の京都鉄道博物館と京都水族館のタイアッププランが有るようです。まさに「一隻二鳥」です。ご堪能下さい。

以上、BEACON KYOTO 潭のこの夏お薦め・蓮と共に。

LINEで送る