龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.06.20 TUESDAY

「四苦八苦」

新緑から深緑の時期となり、梅雨の時期を迎えましたが空梅雨のようですね。

やはり、日本はこの時期に雨が降らないと、お米や野菜の収穫に影響を及ぼします。
9 3 4
やはり、作物には太陽や地面からの養分と、水分が有って成長するものです。この世のもの全て必要なものです。

 今回は「苦」がテーマです。お釈迦様は、人生は苦しみであると言われ、その解脱の為に修行に入られたのです。その苦しみを四苦八苦(しくはっく)と仏教では表現しています。日本では、「四苦八苦する。」と言って、大変な苦労をする事と表現し日常語として使われる位です。
2
四苦とは、1番目、生苦(しょうく)生みの苦しみ。2番目、老苦(ろうく)老いる苦しみ。3番目、病苦(びょうく)病む苦しみ。4番目、死苦(しく)死ぬ苦しみです。人間として逃れられないものであり、確かに良く理解出来ると思います。そして、この四苦にもう4つが加わり八苦となるのです。5番目、愛別離苦(あいべつりく)愛する者と別れる、離れなければならない苦しみ。6番目、怨憎会苦(おんぞうえく)怨み恨む者と会わなければならない苦しみ。この二つ確かにあるあるですよね。7番目、求不得苦(ぐふとくく)求めても自分の思い通りに得られないと言う苦しみ。いくら願い求めての手に入らない、良くありますよね。最後8番目、五陰盛苦(ごおんじょうく)身体・感受・知覚・意向・認識の五つの要素により執着してしまい受ける苦しみ。そして、前7つの苦しみを要約したものです。
6

なんだか、生きて行く事が苦しく感じてきましたね。しかし、ここで1つ抑えておきたいのは、ここで言う苦しみは「思い通りにならない。」と言うことです。そう考えるとまた違ってきませんか。我々は思い通りにはならない中に生きているから四苦八苦となる訳です。つまり生かされていると言う事になる訳です。そう理解すれは人生のちょっとした事が喜びとなりませんか。
1

照る太陽、ひとつぶの雨や、当たり前にある地面の土も。あなたの人生も。

 

LINEで送る